車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

100系ハイエース 全塗装

今日は久々の更新です。

3月末まで徹夜が連チャンで続き、本気で会社にシャワーを導入するか考えるぐらいハードでした(+_+)

今日は久々の全塗装で㈱カーズの社長にお願いされてハイエースバンをバリっと仕上げます!

ハイエース系はほとんどの車両が錆てひどいので塗装代より錆取りと板金の方が高くなってしまうぐらい大変です・・・

a0141327_18182358.jpg


まだ死にたくはないので防護マスクで生き延びます。

このマスクがあれば夏場の海のトイレでも無臭で過ごせます(笑)

車のエアークリーナーと同じ原理でこれが詰まると呼吸困難になるので車のエアークリーナーも定期的に交換してあげましょう!

a0141327_18183634.jpg


まずは屋根から塗っていきます。

念入りに600#のペーパーで足付け作業をしてからシリコンオフで全体の油分を取っていきます。

a0141327_18184879.jpg


まずは下塗りをして全体に塗料を馴染ませます。

a0141327_1819356.jpg


2回程下塗りをしてからメインの色を念入りに10分以上かき混ぜてから再度塗っていきます。

a0141327_18191928.jpg


今回塗る色は・・・

ジャーン!!

ゴールドです!

少しオレンジ系のゴールドで赤が多く使用するのでかなり割高ですが妥協する事なく納得重視でこのカラーリングに致しました!

a0141327_18193220.jpg


下塗り同様屋根から仕上げていきます!

a0141327_18194848.jpg


車高が高いので横に脚立を置いてそれに乗っかって塗るのですが気を付けないと過去に塗装中に転んで落ちた事があるぐらい危険です・・・

a0141327_18195917.jpg


マスクのお陰で快適に過ごせます。

塗装はうちの会社では僕の担当なので忙しい時は丸一日塗装してシンナーと塗装のミストの中にいるので

このマスク無しでは死んでしまします・・・

a0141327_18201316.jpg


ガンは今年で11年愛用しているイワタのW100!!

これ一つでほとんどのメタリック塗装からパール、ソリッド塗装にも使えるのでとても大切に使用しております。

11年使っていても毎回必ず全部分解してシンナーでキレイに洗って磨きあげてから保管して次に備えております。

なんでも新しい物に交換する方もいらっしゃいますが、一つの物を大切に使う事が大切ですよね。



a0141327_18202426.jpg


カップの中見の塗料はこんな感じです。

常に混ぜながらパールとメタリックを混ぜながら塗らないとムラだらけになる程メタリックがウズを巻いてます。

a0141327_18203328.jpg


下塗りを終えたら乾くまでの間はかなりシンナーで息苦しいのですがランチを過ごします。

豪華なランチは全塗装中の定番のこの組み合わせです!

a0141327_18204360.jpg


ボディー全体がゴールドになると違う車に見える程感じが変わります!

窓ガラスも全て取り外して塗っているので仕上がりが違いますよ!

a0141327_3522625.jpg



下塗りが乾いたら塗装の発色を良くするトップコートのクリアーで仕上げて艶を出していきます。

下塗り同様屋根から仕上げていきます。

a0141327_18205344.jpg


リヤもたっぷりクリアーを塗ります!


a0141327_3563879.jpg


仕上げのクリアーを塗ったらひとまず完了です。

ここからがまた長い道のりなんですよ。

急に熱を加えて乾燥させると部分修理と違って艶が無くなってしまうので丸1日以上置いてから再度遠赤で乾かしていきます。

a0141327_432487.jpg


遠赤で10分以上熱を加えて自然に冷めるまで待ってから今度は磨き作業です。

塗装してそのままと思っている方が居るかもしれませんが、塗った後は磨きで肌の調整と艶を調整していきます。

3000#前後の水磨ぎペーパーでクリアーを磨いで肌を整えます。

a0141327_485053.jpg


磨きの工程と道具は企業秘密なので(笑)

10年以上磨き作業をしておりますが、こればっかりはいつまでも完ぺきがなくゴールのない作業です(;一_一)

磨き方と作業内容で光沢や塗装の肌質は変わりますが、磨くと光沢が物凄いですよ!

a0141327_414399.jpg


蛍光灯がハッキリ見える程反射します!

室内なので普通のゴールドにしか見えませんが、下地に茶色を塗ったので太陽の光が当たれば発色が変わってこんな感じに見えます。

a0141327_4172031.jpg


光の加減で違った色に見えるので塗装は奥が深いんですよ!

磨き作業で丸4日以上掛けて仕上げて塗装の倍作業時間が掛かりますが、仕上げの磨きが肝心です。

磨きが終わったら取り外した部品を組み付けて洗車作業です。

a0141327_4204557.jpg


細かいほこりや磨きの粉を念入りに取り除きます。

もちろんドア中も塗装したので細かい所も念入りにやります!

a0141327_422486.jpg


磨きたての鏡面な肌なので水弾きもバツグンです!

a0141327_4235859.jpg


最後は工場内で吹き上げです。

a0141327_4274683.jpg



作業灯で照らしてアップで見た状態です。

なんとも言えないぐらいキレイ(*^^)v

a0141327_4283234.jpg


よく塗装ブースが無いとゴミがついてキレイに仕上がらないと思っている方もおりますが、小さいブースを使うぐらいなら広い建物でブースを使用しないで塗った方がキレイに仕上がる場合もありますし、これがないから出来ないはやらない言い訳なのでは・・・・と思い努力あるのみ!

環境問題等でブースを使用しなくてはならない所もありますがなくてもご覧の仕上がりになります。

無事に完成したので依頼先の藤根社長の所に納車をして終わりです。

a0141327_4341517.jpg


最初は穴だらけでしたがバリっと生まれ変わりました!!

a0141327_436183.jpg


最近は古くなったら乗り換える事が多くなってきてますが、手入れをして長く乗る事も大切です!
[PR]
by kurumano119ban | 2012-04-29 04:36 | 板金・塗装
line

(有)車の119番


by kurumano119ban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31