車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

スズキ ジムニー JB23 新車へ若返りメンテナンス

車検で入庫したジムニーです。

走行距離は3万キロ弱の車両です。

車検の前提はみなさん御存じでしょうか?

車検の前提は、次の車検まで安全に車両運行する事を目的としております。


整備不良で走行中に車両に不具合が起きて、道路の真ん中で停まってしまい他の人の通行に支障が出て

迷惑が掛からない様にする事も重要ですが、自分自身の安全を確保する事も重要です。


車は消耗品の塊です。

動けば動く程消費します。

今回のジムニーのF林様は車両も弊社にて購入して頂き、整備内容も全て僕の判断に任せて頂ける程信頼

して頂いておりますので次の車検まではエンジンオイル交換とエンジンオイルエレメント交換とタイヤのエアー

補充程度で済む様にと考えております。

車検で前整備を正しく行ったその結果、最終的には一番お金が掛からず安上がりに済みます。

今回の車検点検の結果、ブレーキパットの残量は7mmあるので今回は交換不要ですが、分解清掃し

てブレーキダスト除去作業と、ブレーキダストシールの破れや劣化の状況の点検は必ず行います。

毎日エンジンに火花を飛ばしてくれて頑張っているスパークプラグの状況を確認して見ると・・・

a0141327_213441.jpg


たった3万キロの走行でここまでプラグの頭が減ってしまっております。

新品と比べると


a0141327_2131655.jpg


古いプラグはプラグの先が減ってしまって短くなっており、本来の正しい役割を果たせない状態になっております。


古いプラグと新しいプラグを並べて比べてみると電極の先の部分の長さの違いが良く分かります。

a0141327_21363361.jpg


上側と

a0141327_2137737.jpg


正面から見ると違いが一目瞭然です。

a0141327_2137397.jpg


新品プラグに交換してもジムニーの場合は1本数百円程度です。

ジムニーは3本使用しておりますので、多く見積もっても¥3000円でおつりが出ます(笑)

車種でプラグ交換の金額も変わりますが、交換して良い事があっても悪い事はありません。

悪い所か、正しいスパークを行う結果少ない燃料でも正しく燃料を燃やし、エンジン内部のカーボンや不完全

燃焼した燃えカスが残らずエンジン内部がキレイになり、少ない燃料でも力強く走ってくれますので結果として

燃費も向上します。

車の基本は良い吸入(人間も埃だらけの中で呼吸すると苦しくなります。車のエアークリーナーを見たらみなさん想像以上に汚れているので驚くと思います。)

良い圧縮

良い点火(ここでプラグの役割の出番です。)

良い排気(人間で例えるのであれば、便秘が続くとどうなりますか?)

これが原則です。

これでスムーズに動ける様になった所で、エンジンの動力はどこに伝わるのでしょうか?

車両のミッションからデフに伝わり、毎日一生懸命働いてくれております。


ジムニーは4WDですので前後にコーナリングをスムーズにする役割のデフが装着されております。

デフオイルもとても重要で、みなさんはエンジンオイルだけ交換していれば良いと思いがちですが、大きな間

違いです。


このジムニーは3万キロ走行車両ですよ。

その車両のオイルを抜いて、オイルを抜くドレンボルトに鉄粉を取り除く為の磁石が標準で祖着されております。

標準でメーカーが必要だと、高額な費用を費やした研究の結果、大量に発生してしまう鉄粉は磁石で集めて

内部へ広がる事を最小限に留めると考えたのでしょう。

その磁石にはどれ程鉄粉が付着しているのか見てみると・・・

a0141327_21525429.jpg


これなんだかわかりますか?

わかりませんよね。

キレイにふき取るとこんな状態ですが

a0141327_21533179.jpg


出っ張っている部分が磁石になっております。

この部分に鉄粉が付着している状態ですとこれですよこれ!!!

a0141327_21545479.jpg


一体何の物体がわからない程です。

ふき取ってキレイにして

a0141327_21552552.jpg


初めて本来の形状がわかる程です。


新車からたった3万km走行しただけでここまでの状態になってしまします。

日ごろからこまめなメンテナンスが何度も言いますが、一番お金が掛からず長く車を乗れて、乗り換え費用が

掛からず安上がりにつながります。


良く軽自動車だから10万kmで壊れると耳にする事が某デイーラーさんでありますが、大声で叫んであげたいです。

大きな間違いだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


なぜなら、根拠はこのワゴンRを見て下さい。

a0141327_21584245.jpg


外装はそれなりですが、中身はとびきり元気です(*^^)v

なぜならこの車の走行距離は

a0141327_21593412.jpg


この走行距離を見せて軽自動車は10万kmで壊れると言っている営業マンになぜ10万kmで壊れるのか

教えて頂きたいです。

長持ちしている秘訣は簡単です。

こまめなオイル交換と車検毎と最低でも1年に一回の点検を行い、その都度消耗品を交換して車両にストレ

スを与えない事が一番重要です。

どこかの輸入車ディーラーでは2万kmオイル交換不要と言っておりますが、言っている人の車は果たして何

キロまで走行出来るのでしょうか?(笑)

間違いなく10万km前にガタがくるでしょう。

天ぷら油を毎回同じ油を使って揚げているとどうなりますか?

エンジンオイルエレメントと同じ役割の物で頃ものカスを取り除くだけで新鮮でおいしい天ぷらが出来上がるのでしょうか?


100%無理と断言出来ます!!!!

オイルは酸化もしますし、必ず減ります。

オイルの役割は潤滑だけではなく、洗剤も石油系ですのでご存知かとは思いますが、油の汚れは油が一番

良く取れますので洗浄効果とエンジンの熱を吸収して冷却する役割も含めているとても重要な物です。

大切に長く乗れて、エンジン故障や燃費向上の意味も含めてエンジンオイルは最低でも3カ月か走行3000km毎に交換をお勧め致します。

が、毎年新車に乗り換える方は不要だと思います。

エンジンの他に、オイルはブレーキ、パワーステアリング、ミッション、デフとさまざまな所に使用されております。


2年に一度の車検の時に交換しないのであればみなさんはいつ交換されるのでしょうか?

車検の時に出費を抑えたい方は定期点検時に交換をしておくと後が楽になります。


車は人間以上にデリケートで精密機械ですので携帯電話より大切に扱う事をお勧め致します(@^^)/~~~
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-27 22:14 | 車検
line

(有)車の119番


by kurumano119ban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30