車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

整備の基本中の基本!

最近はエコカーブームですが、エコカーで低燃費を求める前に肝心な事をみなさんお忘れになっております。

先日オイル交換したお客様から是非ブログにアップして下さいとご要望が御座いましたのでご紹介させて頂きます^_−☆

今回の車両は

a0141327_02524994.jpeg

決してエコカーではない排気量3500ccのトヨタアルファードG Lパッケージです。

車両はメーカーカタログ値では2100kとヘビー級の重量です。

セカンドシートは電動オットマンも装備しているので快適に過ごせる車ですが、重たい分エネルギーは使います。
a0141327_11032067.jpeg

メーカーのカタログ燃費は
a0141327_02563553.png



これに対して今回のアルファードの燃費は

a0141327_02593311.jpeg

給油後50km走行してリッター14km!!

メーカーのカタログ燃費数値をかなり上回ってます。

メーカーカタログ燃費数値が9.1km/Lに対して今回の結果は14.1km/Lで1リッターで5km多く走れている計算になります。

アルファードの燃料タンク容量が65Lタンクなので、1度満タンにして1Lで5km多く走れると65L×5=325km多く走れてます。

多少前後はありますが、2回も燃料も入れればすぐ元は取れますね(^ ^)

ちなみにこのアルファードの走行距離は8万km超えてます。
a0141327_02582683.jpeg

新車ではないので燃費が悪いと思っているわ方がいらっしゃいますが、新車でなくてもエンジンの特性に見合ったオイルを選択して基本整備をきちんと行えばメーカーカタログ燃費数値を超えたコンディションに出来ますv(^_^v)♪

ただオイルを交換すれば良いと言うわけでは無いので気になる方はお問い合わせ下さい^_^


[PR]
# by kurumano119ban | 2017-07-03 02:38 | オイル交換

洗車ソムリエ フェラーリ488GTB 納車前儀式

フェラーリの納車前の儀式で洗車ソムリエとして御用命を頂戴致しましたm(_ _)m

a0141327_16364239.jpeg

a0141327_16365864.jpeg

ceramic Pro 9Hを施工してある車なので、疎水コーティングのceramic Proに合わせてオートグリムの専用カーシャンプーを使用してボディーの光沢を最高の状態にします^_−☆

カーシャンプーと言っても疎水コーティングなのか、撥水コーティングなのか、何もコーティングを施工していないのかで選択とシャンプーの濃度の度合いも変わりますので事前に車両の状況を把握しておく事が大切です(^ ^)

専門店の中では純水を使用しているお店様もいらっしゃいますが、うちはこれでも整備工場と板金塗装工場なので、トータルの使用状況から純水ではなくて熱湯を選択しました^_−☆

油汚れの食器を洗う時に水と熱湯どちらが汚れが取れやすいいかと言うと、熱湯の熱湯で汚れを膨張させて浮かび上がらせる事と同じくボディーの汚れを浮かび上がらせてからカーシャンプーで洗い、シミを防ぐ為に熱湯でカーシャンプーを完全に溶かして洗い流します。

a0141327_16453157.jpeg

温度は目一杯上げて使用しています。

車検整備時のブレーキ、エンジン、足周り、車体下廻り全て熱湯洗浄でキレイに汚れを除去出来るのでうちは熱湯洗車派です^_−☆
カルキも無くて仕上がりはサッパリします。

専用の泡フォームガンを使用して、カーシャンプーと水の合計で1リットルをムラ無く吹き付けて泡の洗浄力で汚れを熱湯の力と共に浮かび上がらせます。

a0141327_16462539.jpeg

a0141327_16480060.jpeg

a0141327_16481514.jpeg

屋根から下に向けて、カーシャンプーが乾く前に全て全力で均一に優しく触れる程度で一方方向で洗車傷が入らない様に洗います(^ ^)

カーシャンプーを洗い流す作業が実は1番重要で、ボディーの面より、全ての部品の合わせ部分に入り込んだカーシャンプーがシミにならない様にしっかりと念入りに10分以上念入りに流します。

十分に流したら今度は同じく部品の隙間の水滴をエアーブローガンで飛ばします。

ホイールの穴、ブレーキキャリパー全てしっかりとエアーブローする事が大切です。

エアーブロー後はボディーを拭いてから、フロントボンネット、ドア、フューエルリッド、エンジンフード、全てを開けて拭き取ります。

a0141327_16494761.jpeg

a0141327_16535106.jpeg

a0141327_16540802.jpeg

a0141327_16542425.jpeg

a0141327_16544258.jpeg

隙間は全て拭き残しが無い様に汚れがキレイに取れる専用マイクロファイバーを使用しながら確認作業を行います。

a0141327_16560592.jpeg

エンジンルーム内も全てキッチリ拭き上げます。

a0141327_16565305.jpeg

ステアリング周辺のホコリもダッシュボード、内窓、室内操作スイッチも全て拭き上げて指紋1つ残しません。


a0141327_16571534.jpeg


a0141327_16582916.jpeg

赤いダッシュボードはカッコいいですね^_−☆

a0141327_16590333.jpeg

全て完了したら5週以上念入りに指差し確認して点検します。

a0141327_16594839.jpeg

完成したらビッガンビッガンになりましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

洗車ソムリエはこちらからご覧下さい^_−☆
https://www.carwashsommelier.com/blank-23

御用命ありがとう御座いました^_^

[PR]
# by kurumano119ban | 2017-06-10 04:35 | 洗車!北海道の洗車

BMW K1600 GTL ceramic Pro 9H ボディーコーティング

今回は帯広の遠方から札幌までご来店して頂きましたm(_ _)m

今回コーティングを施工するバイクは新車で300万円以上する高級バイクです^_−☆

新車と言えど必ず小傷やオーロラ傷があるので全て研磨作業を行いオーロラを消して塗装のトップコートのクリアーをスッキリさせる事で下地のメタリックがハッキリと発色して鮮やになります^_−☆
a0141327_20575550.jpeg

先ずは念入りにマスキングしてコンパウンドやホコリが付着しない様に下準備を行います。

a0141327_21250391.jpeg

素地の部分は研磨作業中に研磨バフが触れてしまうだけで白ボケてしまうので、未然に防げる所はマスキングしておきます。

研磨作業を終えてからマスキングを外してからコーティングプライマーをしっかりと施工してからコーティング剤を施工します。

a0141327_21341841.jpeg

作業中はバッテリー上がりを防ぐ為に必ずCTECバッテリーチャージャーを接続しております^_−☆

バイク用バッテリーはバイク用の電圧で充電を行う必要があるのでこのCTECはボタン1つで切り替え出来るので物凄く便利です^_−☆
a0141327_21421560.jpeg


これで保管中にバッテリーが弱くなる事は無いので安心です^_−☆

a0141327_21551961.jpeg


a0141327_21554225.jpeg
深みのある光沢が高級感を増してくれます。

a0141327_21563849.jpeg

リヤキャリアも全て研磨作業してからceramic Pro 9Hを施工しております。

a0141327_21573876.jpeg

虫が付着しても洗車で簡単に取れる様に今回はトップコートは撥水するceramic Pro Lightも施工させて頂きましたv(^_^v)♪

お客様はすでに車に施工している状態で体感して頂いておりますので走行して虫だらけになっても安心して頂けます(^-^)

御用命ありがとう御座いました^_^

[PR]
# by kurumano119ban | 2017-05-28 20:33

フェアレディZ 130 ブレーキオーバーホール

北海道は雪が溶けると冬季間眠っていた愛車達の活動準備が始まります(^_^)

今回はN様の男らしいフェアレディZ 130のリヤブレーキキャリパーオーバーホール、ブレーキパット交換、ブレーキローター交換、ブレーキキャリパースライドピンの交換作業を依頼して頂きました♪( ´▽`)

最近僕はコーティング作業場にばかりいたので整備場で作業するのは久々⁉️(^_^;)かも⁉️

a0141327_03265750.jpeg

男らしいスパルタンな顔付き^_−☆

早速リヤブレーキキャリパーピストンを外してみると

a0141327_03285193.jpeg



サビが発生(>人<;)

a0141327_03312839.jpeg
純正部品は既に部品供給が無いと日産部販に返答されてしまったので、今回は仕方なくサビを除去して取り敢えず再利用して仮組みして一時的に納車する事にしました。



a0141327_03320350.jpeg

1度腐食すると、ブレーキキャリパーピストンはサビを除去しても再発するので必ず交換しましょう。

a0141327_03352188.jpeg
最初よりは少しはマシになりました(^_^;)

a0141327_03360250.jpeg

ダストブーツが入る部分のこの部分もサビで膨らんでしまっているので、ここもしっかりとサビを取り除きます。

a0141327_03370642.jpeg

a0141327_03372175.jpeg

a0141327_03373670.jpeg

a0141327_03392878.jpeg

サビをキレイに取り除いたら、パーツクリーナーでチマチマ洗うのはキレイになった気がしないので、スチーム洗浄でキレイサッパリに内部を洗浄‼️

a0141327_03410249.jpeg

洗浄後は内部の水分をキレイに取り除いてからブレーキグリースをしっかりと塗り込みます。

この時に手が汚い人を良くみかけますが、些細なゴミでも混入すると大変なので必ず自分の手もキレイに洗って口の中に入れても問題ないぐらいキレイにしてから作業しましょう^_−☆

a0141327_03431107.jpeg

ダストシールが新しいとしっかりと動作してくれるので安心感が違います(^_^)

a0141327_03440246.jpeg

良くブレーキパットだけ交換される場合を見かけますが、うちはブレーキパット交換と同時にブレーキローター交換か、交換されない場合でもブレーキローター研磨作業を行い、新品のブレーキパットの平らな面に合わせてブレーキローターの当たり面も研磨してお互い平らにします。

制動距離も当然変わりますし、せっかく新品の平らなブレーキローターが凹凸のあるブレーキローターのせいで凸の部分しかブレーキパットに当たらないのでレコード板状態でパットも減ってしまい、せっかくの新品パットも早く磨耗してしまう為に良い事は何もありません。

ローター1枚研磨しても片側4500円ですので、研磨可能なローターの厚みがある場合はオススメです♪( ´▽`)

a0141327_03493487.jpeg

サイドブレーキの先端部分の割ピンがサビて抜けないので、ドリルで地道に削って貫通させます。

a0141327_03503553.jpeg

2mmのドリルの刃を使用するので、斜めだとすぐ折れてしまうので慎重に作業を進めます。

a0141327_03514307.jpeg

無事に貫通したら新品の割ピンを入れてブレーキキャリパーを組み付けてブレーキのエア抜き作業を念入りにおこなって完成v(^_^v)♪

a0141327_03524745.jpeg

a0141327_03530109.jpeg

お預かりした翌日に作業が完了しましたので、楽しみにしているお客様へご連絡して搬送車へ積込み納車へ^_−☆

a0141327_03540386.jpeg


お客様の自宅前に到着!
a0141327_03542245.jpeg


フロントスポイラーが当たらない様にフルフラットだからと油断は禁物なので慎重に降ろします。

1度搬送車から降ろして車を停めましたが、すぐ後ろに街灯があったので街灯の場所までバックしてから納車の記念撮影を(^_^)

a0141327_03554300.jpeg

暗闇の中で街灯の下にこのZ‼️

カッコいい(^_^)

自分の車でもないのに停める場所に拘って少し遠めから見てニヤニヤしてました(^_^)

御用命ありがとう御座いました^_^

[PR]
# by kurumano119ban | 2017-04-14 03:18 | メンテナンス

ボディーコーティング ceramic Pro 9H 新施工店誕生♪( ´θ`)ノ

北海道でceramic Pro 9Hを新たに施工出来る施工店さんが増えました(^-^)

ceramic Pro 9Hの北海道統括担当をしているので、北海道は僕が出向いてご指導させて頂いております^_^

ボディーコーティングはある程度の知識と設備があれば可能ですが、ceramic Pro 9HとガラスコーティングULGOのコーティングは施工前にきちんと傷を除去して研磨作業を行い、塗装面のトップコートのクリアー塗装の傷で出来る曇りを除去してから施工するのでより一層輝きが違います。

今回は中標津のかーコートケンゾーさんに研磨技法と施工方法の講習にお伺いしてきました^_−☆

a0141327_10463173.png

中標津・・・

遠いっス(>人<;)

北海道民なのに、北海道って広過ぎると思います(^_^;)

a0141327_10480021.jpeg

ポリッシャーの扱い方と研磨方法も指導して10年以上経過した車両の塗装面でも見事新車以上の輝きに復元出来ました^_−☆

a0141327_10500751.jpeg

何度も研磨した場所を確認して

a0141327_10504994.jpeg

再度チャレンジ‼️

傷が消えるまでこの作業の繰り返しです。

a0141327_10514677.jpeg

傷をキレイに除去出来たら、脱脂作業と密着プライマリーを施工してceramic Pro 9Hを施工します。

a0141327_10524937.jpeg
施工後は遠赤外線で焼き付け乾燥させます。

この工程を繰り返し、塗装より硬い皮膜を作り塗装面に傷がつかない様に守ってくれます(^-^)

a0141327_10543851.jpeg

カーコートケンゾーさんの中井社長も上手に施工出来てニッコリしてます♪( ´θ`)ノ

続いて、1番傷が目立つ濃色ボディーも
a0141327_10560775.jpeg

違いがハッキリ分かる様に半分だけ研磨作業とceramic Pro 9Hを施工します。


a0141327_10570124.jpeg

a0141327_10572129.jpeg

a0141327_10582348.jpeg

物凄く真剣に根気良く磨き上げていきます^_−☆

中井社長センス抜群です♪( ´θ`)ノ

a0141327_10592262.jpeg

くすんでいた塗装面が見事にキレイになりました。
ceramic Pro 9Hを施工する事でより一層光沢が増してます^_−☆

a0141327_11003706.jpeg

遠赤外線で焼き付け乾燥させてます。

a0141327_11010972.jpeg

スペシャルオプションのトップコート ceramic Pro Lightも施工してみました(^-^)

a0141327_11020804.jpeg

半分だけ施工したので違いは一目瞭然です(^-^)

指導した通りに作業が出来て無事に全て完了したので中井社長もこれで無事に認定されてceramic Pro 9H施工店の仲間入りとなりました♪( ´θ`)ノ

a0141327_11040704.jpeg


中標津方面でceramic Pro 9Hはカーコートケンゾーさんにご依頼お願い致します^_−☆



[PR]
# by kurumano119ban | 2017-04-07 10:41 | ボディーコーティング&メンテナンス
line

(有)車の119番


by kurumano119ban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31