車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:メンテナンス( 7 )

フェアレディZ 130 ブレーキオーバーホール

北海道は雪が溶けると冬季間眠っていた愛車達の活動準備が始まります(^_^)

今回はN様の男らしいフェアレディZ 130のリヤブレーキキャリパーオーバーホール、ブレーキパット交換、ブレーキローター交換、ブレーキキャリパースライドピンの交換作業を依頼して頂きました♪( ´▽`)

最近僕はコーティング作業場にばかりいたので整備場で作業するのは久々⁉️(^_^;)かも⁉️

a0141327_03265750.jpeg

男らしいスパルタンな顔付き^_−☆

早速リヤブレーキキャリパーピストンを外してみると

a0141327_03285193.jpeg



サビが発生(>人<;)

a0141327_03312839.jpeg
純正部品は既に部品供給が無いと日産部販に返答されてしまったので、今回は仕方なくサビを除去して取り敢えず再利用して仮組みして一時的に納車する事にしました。



a0141327_03320350.jpeg

1度腐食すると、ブレーキキャリパーピストンはサビを除去しても再発するので必ず交換しましょう。

a0141327_03352188.jpeg
最初よりは少しはマシになりました(^_^;)

a0141327_03360250.jpeg

ダストブーツが入る部分のこの部分もサビで膨らんでしまっているので、ここもしっかりとサビを取り除きます。

a0141327_03370642.jpeg

a0141327_03372175.jpeg

a0141327_03373670.jpeg

a0141327_03392878.jpeg

サビをキレイに取り除いたら、パーツクリーナーでチマチマ洗うのはキレイになった気がしないので、スチーム洗浄でキレイサッパリに内部を洗浄‼️

a0141327_03410249.jpeg

洗浄後は内部の水分をキレイに取り除いてからブレーキグリースをしっかりと塗り込みます。

この時に手が汚い人を良くみかけますが、些細なゴミでも混入すると大変なので必ず自分の手もキレイに洗って口の中に入れても問題ないぐらいキレイにしてから作業しましょう^_−☆

a0141327_03431107.jpeg

ダストシールが新しいとしっかりと動作してくれるので安心感が違います(^_^)

a0141327_03440246.jpeg

良くブレーキパットだけ交換される場合を見かけますが、うちはブレーキパット交換と同時にブレーキローター交換か、交換されない場合でもブレーキローター研磨作業を行い、新品のブレーキパットの平らな面に合わせてブレーキローターの当たり面も研磨してお互い平らにします。

制動距離も当然変わりますし、せっかく新品の平らなブレーキローターが凹凸のあるブレーキローターのせいで凸の部分しかブレーキパットに当たらないのでレコード板状態でパットも減ってしまい、せっかくの新品パットも早く磨耗してしまう為に良い事は何もありません。

ローター1枚研磨しても片側4500円ですので、研磨可能なローターの厚みがある場合はオススメです♪( ´▽`)

a0141327_03493487.jpeg

サイドブレーキの先端部分の割ピンがサビて抜けないので、ドリルで地道に削って貫通させます。

a0141327_03503553.jpeg

2mmのドリルの刃を使用するので、斜めだとすぐ折れてしまうので慎重に作業を進めます。

a0141327_03514307.jpeg

無事に貫通したら新品の割ピンを入れてブレーキキャリパーを組み付けてブレーキのエア抜き作業を念入りにおこなって完成v(^_^v)♪

a0141327_03524745.jpeg

a0141327_03530109.jpeg

お預かりした翌日に作業が完了しましたので、楽しみにしているお客様へご連絡して搬送車へ積込み納車へ^_−☆

a0141327_03540386.jpeg


お客様の自宅前に到着!
a0141327_03542245.jpeg


フロントスポイラーが当たらない様にフルフラットだからと油断は禁物なので慎重に降ろします。

1度搬送車から降ろして車を停めましたが、すぐ後ろに街灯があったので街灯の場所までバックしてから納車の記念撮影を(^_^)

a0141327_03554300.jpeg

暗闇の中で街灯の下にこのZ‼️

カッコいい(^_^)

自分の車でもないのに停める場所に拘って少し遠めから見てニヤニヤしてました(^_^)

御用命ありがとう御座いました^_^

[PR]
by kurumano119ban | 2017-04-14 03:18 | メンテナンス

車の基本 メンテナンス バッテリー交換 バッテリー上がり

北海道では気温低下と共にバッテリーの電圧も落ちてしまい、冷え込む日の朝一にバッテリーが弱ってしまい、セルモーターを始動する電圧が無くエンジン始動出来ない事が良くあります。

a0141327_02172486.jpeg
これはうちの会社で使っているグランドハイエースです。

ディーゼルエンジンですので、ガソリンエンジンに比べて尚更エンジン始動時にはバッテリーが重要です。

突然何故かセルモーターの回転が弱ってきたので、信頼と安心の実績のあるパナソニックのカオスバッテリーに交換致します^_−☆

通常は115D26サイズなのですが、同じサイズでもパナソニックのカオスバッテリーの場合は容量の大きい125D26サイズになるので容量が大きい分、タフです^_−☆
a0141327_02225192.jpeg

鍵を回してセルモーターの回り方が物凄く元気良くなりました(≧∇≦)

中国製やインターネットで安売りしているバッテリーはいざと言う時に不具合が発生したり、保証期間内であっても交換してもらえるまでに時間が掛かってしまう為に、弊社では多少高くても責任持って対応してくれるお店で購入する事をお勧め致します(^-^)


a0141327_02251961.jpeg

パナソニックのシンボルのブルー色が鮮やかに発色しており、このバッテリーを見るだけで安心感が違います(≧∇≦)

良くバッテリーのターミナルの頭が出ていない車両を見かけますが、
a0141327_02264361.jpeg

○印の部分を少し緩めて端子の奥までプラハンなどで軽く叩いてシッカリ奥まで差して下さい(^-^)

a0141327_02274675.jpeg

このぐらい頭が出れば完璧です^_−☆

お金を掛けなくてもキチンとメンテナンス出来ますので、1度ご自身のバッテリーのターミナルをご確認下さい(^-^)


パナソニックの回し者ではありませんが、良い物は良いのでお勧めです^_−☆

テスラモデルSのリチウムイオン電池もパナソニック製なので世界のパナソニックは安心と信頼出来るバッテリーです^_^


[PR]
by kurumano119ban | 2017-02-25 03:05 | メンテナンス

最強革用コーティング柔!!

最近は車をキレイにする事に意識を向けております。

なぜなら、カー用品コーナーで色々な革シートクリーナーを試しました。

が、どれもこれも似た物ばかりで欲張りな私としては納得出来ない物ばかりでした。

そこで諦めるずに探し続けて(しつこいだけ?)ついに見つけましたよ♪

すぃんごいコーティング剤です(*^^)v

最近は弊社でもの凄く人気があるセラミックプロ 9Hで硬い皮膜でコーティングする施工が多です。

実物を見たい人はいつでもご来店下さい(*^^)v

https://www.youtube.com/watch?v=Z62_g5gEFX0

http://www.ceramic-pro.jp/ceramicpro-9h/ceramicpro-9h.html

SGS試験結果
http://www.ceramic-pro.jp/test/test.html

http://www.ceramic-pro.jp/index.html


このレザーコーティングは硬度9Hではなく、硬度0でとても柔らかい状態でこれだけの耐久性は驚きです!!
https://www.youtube.com/watch?v=ENECJ8PWJ_g

a0141327_4323410.jpg


バケットシートで有名なブリッドの革シートで贅沢な試験!!

a0141327_433112.jpg


こちらがレザー用 鞄やお財布、バイクのレザージャケット、革靴にも使えます♪

a0141327_4331698.jpg


こちらはファブリック用なので革以外の布生地シートなどに使用出来ます。

a0141327_4332932.jpg


専用クリーナーもあるのでお手入れも簡単です!

a0141327_4334137.jpg


a0141327_4342978.jpg


札幌近郊で取り扱いしているのは今の所うちの会社ぐらいです(*^^)v
[PR]
by kurumano119ban | 2016-03-21 04:39 | メンテナンス

ボルボ V70 T6 輸入車の悩み!!

北海道はこの時期タイヤ交換シーズンです。

本日はV70ボルボT6です(*^^)v


タイヤを交換するだけであれば自宅前ででも可能ですが、弊社ではタイヤ交換と同時に輸入車で悩みが最も

多いブレーキダスト問題です。

こまめに洗車されている人でも悩まされる程です。

a0141327_2165259.jpg


この車両は今年の春に低ダストタイプのブレーキパットに交換してからは真黒になる事は減ったのでそれ程

汚れなくなりました(*^_^*)

a0141327_2195924.jpg


タイヤを外して見てみると、国産車と変わらない程度の汚れです。

a0141327_2120848.jpg


良く見ると汚れが無いわけでは無いのでタイヤを外したついでに専用クリーナーで軽く洗浄します。

a0141327_21202816.jpg


洗浄剤を掛けるとダストの汚れが流れてきます。軽くブラッシングをして

a0141327_21205693.jpg


いつもの熱湯高圧洗車機で一気に洗い流してキレイにします(*^^)v

この作業が気持ち良くて大好きです♪

タイヤ交換と同時のブレーキ清掃キャンペーン♪

a0141327_2121139.jpg


去年1シーズン使用したスタッドレスタイヤ用のホイールです。

パッと見た目は汚れていない様に見えますが、実はダストでかなり黄ばんでおります。


a0141327_21313344.jpg


これが普通の状態かと思う人もいらっしゃいますが・・・・

a0141327_21331288.jpg


右側は元の状態で左側が専用クリーナーで洗浄した状態です。


違いが良く分かると思います。

a0141327_2134640.jpg


全てキレイにしてついでに冬に向けて気温の低い時でも始動性を良くする為に冬用のエンジンオイル

に交換致します。

a0141327_21353387.jpg


このT6はターボチャージャー搭載でAWDなので力強く走ってくれて大好きです♪

エンジンルームの横を見ると・・・・・

a0141327_21375119.jpg


枯れた葉っぱが・・・ 

これを見ると冬が近いなと思うのは北海道民だけでしょうか?(*_*;

反対側にも同じく

a0141327_21392334.jpg


キレイに取り除いて洗車機でエンジンルーム洗浄をして冬支度完了です(*^^)v


輸入車&国産車でホイールの汚れやブレーキクリーニングで興味ある方はご連絡下さい(*^^)v

出来ない事以外は全て可能です(笑)
[PR]
by kurumano119ban | 2015-11-07 21:41 | メンテナンス

実は結構重要!!ブレーキパット交換 基本整備

今回はブレーキパット交換です(^-^)

整備の基本作業ですが、基本が一番大切なのでとても重要な部分です。

フロントブレーキパッドの残量が2mm弱で限界値を超えていてとても危険な状態でした。

a0141327_114790.jpg


リアブレーキもフロント同様残量が無く限界値でしたので今回はブレーキパット前後交換とパッド交換と同時
に分解清掃とブレーキローター研磨も行います。

僕は基本的にブレーキは普段こまめに清掃出来る部分では無いのでタイヤを外す事があれば必ず錆の原因

となるブレーキダストを除去作業を行います。

たまぁに電話でブレーキパッド交換いくらですか?  と問い合わせを頂きます。

安さを追求してパッドの交換だけであれば、片側15分もあれば交換出来るのでフロントブレーキパッド交

換で¥4000円税別でも頂ければ十分かと思います。

安く済ませたい人はパッド交換するだけであればタイヤ交換出来るぐらいの人であれば教えればすぐ出来る作業だと思います。

ブレーキキャリパーのピストンを押し戻すコツさえ分かれば出来るのではないでしょうか?

ただ、うちのブレーキパッド交換はパッドが正常にスムーズに動く為にブレーキパッドキャリーパーブラケット

に取付けられているパッドを挟んでいるシムに付着しているブレーキダストも専用クリーナーでキレイに除去

作業をしてスムーズに作動する状態にブレーキラバーグリースを薄く塗ってスムーズに正しく作動する状態に

します。

ブレーキローターもローター周辺もすり減ったブレーキパッドの粉で錆だらけです。

a0141327_12930.jpg


使用範囲の限界値のブレーキパッド周辺も錆でザラザラです。

a0141327_122898.jpg


ブレーキキャリーパーダストシールに損傷が無いか丁寧にブーツを引っ張って確認します。

周辺はダストだらけ・・・・


ブレーキキャリパーの裏側は普段清掃出来る場所では無いのでパッド交換の時にキレイに清掃する事をお

勧め致します。


a0141327_125041.jpg


リアブレーキのブレーキディスクを外して内側を確認するとサイドブレーキシューが出てきます。

ここに後ろ側のトレーディングシューと前側のリーディングシューの付け根に鉄粉と砂鉄?の様な汚れ

が付着しておりますのでここもキレイに清掃します。

a0141327_1113910.jpg


うちの会社でとても良い仕事をしてくれるケルヒャーの熱湯スチーム高圧洗車機で一気に汚れを洗い流して

キレイにします。とてもサッパリしてキレイになるので気持ち良いです(*^_^*)

a0141327_13599.jpg


左が新品のブレーキパッドで右側が約5万km頑張ったブレーキパットです。

a0141327_132242.jpg


この厚みの差のパッドが粉になってブレーキ周辺に飛び散り錆を起こす原因になります。

a0141327_134018.jpg


先ずは高圧洗車機で熱湯洗浄してみますが、それだけでは完全にキレイには取り切れません・・・・


a0141327_14270.jpg



更にもっと

a0141327_142019.jpg


熱湯の温度で汚れを浮かせて少しは取れやすくなりますが、熱湯とブラシで擦ったぐらいでは除去しきれない

ので専用クリーナーを後で使用してキレイに全て錆を溶かして除去します。

a0141327_143933.jpg


熱湯でここまで頑張っても

a0141327_152333.jpg


湯気で見えなくなるほど頑張っても

a0141327_153635.jpg


専用クリーナーを使わないと、やらないよりは良いですが軽くしか汚れが取れなくて頑固な錆はまだ付着した

状態です。

みなさんのブレーキは大丈夫でしょうか?

a0141327_16070.jpg




a0141327_165734.jpg


ブレーキパッドを取り付ける部分のブレーキキャリパーブラケットのシムもブレーキダストが固着してブラシで

擦ったぐらいでは取れません(;一_一)

a0141327_18147.jpg


上下両方とも汚れてブレーキパッドがスムーズに動くとは思えません・・・・


そこで専用クリーナーを使用して洗うと・・・

a0141327_182540.jpg


サッパリして気持ち良いです。

ここまでキレイにしてから薄くグリースを塗ってスムーズに動く状態にしてから組み上げます。

a0141327_195474.jpg


ブレーキパッドの摩耗と同時にブレーキローターも必ず凹凸が出来て磨り減るのでここも注意が必要です。

ブレーキパッドが減ったからとパッドだけ交換する作業を見かけますが、パッド交換だけの場合のリスク

をお客様に正しく説明しているのでしょうか?(;一_一)?

ブレーキローターに凹凸がある状態で、新品ブレーキパッドを組み付けると、ローターの凸部分はブレーキ

パッドに当たり摩擦を起こしてブレーキの役割を果たしますが、凹の部分はブレーキローターにあたりません。

その結果、本来全ての面が数字で表すと例えば新品で10あるとしたら半分以下の5以下しか当たりません。

その結果、凸部分だけがブレーキパッドが減り、凹部分はしばらくブレーキパッドが減るまで役割を果たさず

ブレーキの制動距離も大幅に伸びてしまい、結果本来のブレーキ性能を発揮出来ず、無駄に早くブレーキ

パッドが減ってしまいます。

ローターに傷が入っている場合はローターに研磨出来る厚みがあれば研磨して面取りをします。

ローターに厚みが無い場合は交換するしかありません。

こうする事でブレーキパッドの面とブレーキローターの面が正しく合わさって均等に減るので結果長持ち

もして安全に停止する役割を果たしてくれます。

傷のあるこの状態のローターが研磨すると

a0141327_1101266.jpg


こんなにキレイにまっ平らになります。

a0141327_1103627.jpg


錆もキレイに取れて新品のブレーキパッドとの相性は抜群です(*^^)v

a0141327_110555.jpg



たかがブレーキパッド交換ですが、ブレーキパッド交換ではブレーキキャリーパー清掃とダストシールの点

検、ブレーキキャリーパーブラケット清掃、ブレーキパッドシム清掃とグリスアップ、ブレーキキャリパースライ

ドピン清掃とグリスアップ、ブレーキローター研磨、ブレーキフルード交換&エア抜き、サイドブレーキシュー清

掃&グリスアップ、ブレーキローターバックプレート清掃とここまでやって初めて分解整備だと僕は思います

が、安心と安全と確実性の高い整備を行う事でブレーキパッドを正しく使用して結果長持ちさせる事が大切だ

と思います。

弊社でブレーキパッドのみの交換は¥4000円税別とブレーキパッド代で済みますが、整備したとは言えない

と思います・・・


ブレーキローターは一枚¥4500円税別で研磨出来ますし、ここまでブレーキキャリパーを分解清掃してフロン

トブレーキ片側¥7000円です。

金額だけ見れば高いと思われますが、作業内容を考えれば金額以上の値はあると思います。


車検できちんとブレーキを整備していれば走行距離でも変わりますが、今回の車両の様に車検2回でブレー

キパッド一回で済みますのでブレーキパッド交換一回分お得で安上がりに済みます。


安さだけが全てでは御座いません。

某ディーラーでもブレーキをここまでシビアに考えていないと思います。

レース関係のショップさんとかの方がシビアに整備しております。

基本整備はとても重要です。

心配な人や分からない事があればお気軽にお問い合わせ下さい。
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-30 01:12 | メンテナンス

ATストレーナー交換 JB23ジムニー 

本日は先日車検整備を行ったJB23ジムニーのATフィルター交換&交換する時に漏れるATFを補充致しました。


a0141327_2061643.jpg


走行距離は3万kmですが、軽自動車は普通自動車に比べて全てが小さいです。

当然エンジンオイルとミッションのオイルが通る経路も全て小さいので普通乗用車よりかなりシビアです。

軽自動車だから燃料さえ入れておけば動くと思っていると3万km走行するだげでかなり痛みます。


人間で例えると、人間の血液が車のエンジンオイルと同じだと思って下さい。

血液が流れる血管が細くなるとどうなるでしょうか?

血管が詰まると正常に生活出来るでしょうか?

人間なら倒れて最悪心肺停止してしまいます・・・・

車も同じでオイルラインが詰まると油膜が切れて金属と金属が擦れてしまい故障してしまします。

お手本の前回のブログでご紹介したこの立派なワゴンRの走行距離は

a0141327_20224134.jpg


軽自動車でなんとこの走行距離!!

a0141327_20231526.jpg



こまめにオイル交換をするとエンジンもミッションも長持ちします。

結果、無駄な修理代を抑える事が出来て安上がりにつながります。

今回のジムニーも目指せ20万kmオーバー!!

今からこまめなメンテナンスをしているので20万kmは夢でもないと思います(*^^)v

早速ATミッションの一番下部にあるATオイルパンを外してみると、

a0141327_2027127.jpg


前回の10万km走行したクラウン程汚れていない様にパっと見は思えるのですが、オイルパンに親切?

ストレーナーで取り切れない鉄粉を取る目的でオイルパンの中にマグネットが装着されておりました。

マグネットを外して触ってみると・・・・


a0141327_20292792.jpg


ヌルっと嫌~な感じで汚れが付着しておりました。

a0141327_20302013.jpg


指も真黒になってしまう程です。

オイルパンに溜まっていたオイルはまだ透けて元のオイルの赤色がうっすら見えますが、良く見ると細かい

スラッジや汚れが確認出来ます。

左が新品のATFで右側が古いATFです。

白い物にオイルを付けると良く汚れがわかりますね。

a0141327_20335213.jpg


このオイルパンもキレイに洗浄して、スラッジを取るマグネットを元の位置に取付けます。

a0141327_20351237.jpg



3万kmそか走行していなくてもストレーナーはこれだけ汚れております。

左が新品ストレーナーで右が元々装着されていたストレーナーです(@_@;)

a0141327_20364100.jpg


新品のストレーナーを取り付ける前にせっかくなのでAT内部もキレイに洗浄してから新品ストレーナーを取付

けます。

キレイに洗浄したらちょっと地球の重力があるので大変ですが、新品のATFをしたから頑張って霧吹きで吹き

かけて古いATFをキレイにふき取ってなくなってしまったので新しいATFをなじませておきます。

a0141327_20434469.jpg



ここまでやる必要ないよと言う人もいるでしょうけど、やって得はあっても損が無いので僕は絶対行います。



a0141327_2038323.jpg


使用するATFは当然純正ATFです。

a0141327_20443147.jpg



今回の車検メニューは

エアーエレメント交換(良い吸入)

スパークプラグ交換(良い点火)

エンジンオイル交換フラッシング2回(ターボ車なのでタービンを痛めるフラッシング剤は使用しません。1回目は洗浄力の強いディーゼルオイルでフラッシング、2回目は軽自動車のターボエンジンに適したお勧めのメイ

ンで使用するモチュールでフラッシング。内部に一回目のフラッシングオイルが残っているので残ったオイル

を取り除く為に)

エンジンオイルエレメント交換

ATストレーナー交換

ATF補充

前後デフオイル交換

フロントブレーキ分解清掃、シムブレーキダスト除去

リア ドラムブレーキダスト除去、スチーム洗浄、グリスアップ

ブレーキフルード交換

ファンベルト交換

足廻り、各部グリスアップ

エンジンルームスチーム洗浄

とこんな感じです。


安い車検は探せばいくらでもあると思いますが、後々交換やメンテナンス時期が必ず訪れてその都度作業工

賃が発生してしまい、結果的に車検の時に一度で済ませるよりお金が掛かるケースが多いと経験上思いました。

整備を提供する人がもう少し掘り下げて必要性を説明出来ると、お客様も理解と納得をして頂けるのではな 

いかと思います。


一番安い車検は何も整備しないで車検証の更新だけが一番安いですけど必ず壊れます(笑)


金額以上の値のあるサービスを提供する事で安心と安全と故障した時の対応の保障も兼ねてくれる所を見つける事が一番良いのではないでしょうか?(@^^)/~~~
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-30 00:53 | メンテナンス

BMW ミニクーパーS ホイールクリーニング輸入車編②

先日の夏タイヤに続いて、今度は装着するスタットレスタイヤを装着する前にブレーキダストを除去します!


a0141327_2030812.jpg


このホイールも見事にブレーキダストだらけの状態です。


水で濡らして擦っても、洗剤で擦っても取れない事は考えれば普通ですね。

錆は石油系の洗剤では分解する事は不可能ですので錆を溶かせる洗浄能力のある専用クリーナーがあれ

ば落とせますが、専門業者以外は入手する事が難しい程、取り扱いが危険な薬品です。

a0141327_20401845.jpg


タイヤ交換の時にきちんと洗浄してから保管出来れば後々楽なのですが、一般家庭できちんと洗浄してタイ

ヤにゴムの品質低下を防ぐコーティングを施工してビニール袋で空気が入らない状態で、直射日光を避けて

保管する事は困難だと思いますので、我々が役立つ出番です(*^^)v

ここでもブレーキダストが原因で発生した錆の現象が現れております。


a0141327_2044028.jpg


ここで専用クリーナーで洗うと

a0141327_20444976.jpg


左側が洗浄した状態で右側が元の状態です。

違いもはっきりわかります。

a0141327_20472891.jpg


こうゆう所の汚れって、取れそうでなかなか取れないのと、無理に力任せで強く擦るとホイールに傷が入って

しまうので注意が必要です。

a0141327_20474746.jpg


普段見えない裏側ももちろんキレイにします(*^^)v

a0141327_2050778.jpg


うっすらとして見える錆が、なかなか取れない事がほとんどです・・・

a0141327_20503535.jpg


これも専用クリーナーで優しく擦ると

a0141327_20504792.jpg


裏側もキレイサッパリに(*^_^*)

口の中に入らないと思いますが、口の中に入れても大丈夫な程キレイな状態になりました(@^^)/~~~

冬タイヤや夏タイヤの預かりはガソリンスタンドでも預かって頂けますが、15インチや16インチであれば大体

4本¥5000円前後だと思いますが、弊社は預かりとホイールクリーニング、タイヤの洗浄と保護ワックス

を施工して4本で¥10000円頂いております。

金額だけ聞けば、タイヤ1本の預かりが¥2500円?

と思われますが、鉄粉除去とホイールワックス、タイヤ洗浄とタイヤのゴム酸化防止剤をコーィングして、預か

るだけの状態からプラス1本¥1250円でここまでキレイに洗浄して保管致します。

安いと思うか、高いと思うかはお客様次第ですが、一度ご自身で汚れたホイールの表と裏側をキレイに洗浄

して頂けると価値が十分理解して頂けるかと思います。

ちなみにこの作業を始めたきっかけはお客様にご要望された事がきっかけで始めさせて頂きましたm(__)m


タイヤ預かり無しでホイール洗浄だけの場合は1本¥2000円になります(^-^)


ご不明な点が御座いましたら、お問い合わせ下さいm(__)m
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-27 22:00 | メンテナンス
line

(有)車の119番


by kurumano119ban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31