車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

実は結構重要!!ブレーキパット交換 基本整備

今回はブレーキパット交換です(^-^)

整備の基本作業ですが、基本が一番大切なのでとても重要な部分です。

フロントブレーキパッドの残量が2mm弱で限界値を超えていてとても危険な状態でした。

a0141327_114790.jpg


リアブレーキもフロント同様残量が無く限界値でしたので今回はブレーキパット前後交換とパッド交換と同時
に分解清掃とブレーキローター研磨も行います。

僕は基本的にブレーキは普段こまめに清掃出来る部分では無いのでタイヤを外す事があれば必ず錆の原因

となるブレーキダストを除去作業を行います。

たまぁに電話でブレーキパッド交換いくらですか?  と問い合わせを頂きます。

安さを追求してパッドの交換だけであれば、片側15分もあれば交換出来るのでフロントブレーキパッド交

換で¥4000円税別でも頂ければ十分かと思います。

安く済ませたい人はパッド交換するだけであればタイヤ交換出来るぐらいの人であれば教えればすぐ出来る作業だと思います。

ブレーキキャリパーのピストンを押し戻すコツさえ分かれば出来るのではないでしょうか?

ただ、うちのブレーキパッド交換はパッドが正常にスムーズに動く為にブレーキパッドキャリーパーブラケット

に取付けられているパッドを挟んでいるシムに付着しているブレーキダストも専用クリーナーでキレイに除去

作業をしてスムーズに作動する状態にブレーキラバーグリースを薄く塗ってスムーズに正しく作動する状態に

します。

ブレーキローターもローター周辺もすり減ったブレーキパッドの粉で錆だらけです。

a0141327_12930.jpg


使用範囲の限界値のブレーキパッド周辺も錆でザラザラです。

a0141327_122898.jpg


ブレーキキャリーパーダストシールに損傷が無いか丁寧にブーツを引っ張って確認します。

周辺はダストだらけ・・・・


ブレーキキャリパーの裏側は普段清掃出来る場所では無いのでパッド交換の時にキレイに清掃する事をお

勧め致します。


a0141327_125041.jpg


リアブレーキのブレーキディスクを外して内側を確認するとサイドブレーキシューが出てきます。

ここに後ろ側のトレーディングシューと前側のリーディングシューの付け根に鉄粉と砂鉄?の様な汚れ

が付着しておりますのでここもキレイに清掃します。

a0141327_1113910.jpg


うちの会社でとても良い仕事をしてくれるケルヒャーの熱湯スチーム高圧洗車機で一気に汚れを洗い流して

キレイにします。とてもサッパリしてキレイになるので気持ち良いです(*^_^*)

a0141327_13599.jpg


左が新品のブレーキパッドで右側が約5万km頑張ったブレーキパットです。

a0141327_132242.jpg


この厚みの差のパッドが粉になってブレーキ周辺に飛び散り錆を起こす原因になります。

a0141327_134018.jpg


先ずは高圧洗車機で熱湯洗浄してみますが、それだけでは完全にキレイには取り切れません・・・・


a0141327_14270.jpg



更にもっと

a0141327_142019.jpg


熱湯の温度で汚れを浮かせて少しは取れやすくなりますが、熱湯とブラシで擦ったぐらいでは除去しきれない

ので専用クリーナーを後で使用してキレイに全て錆を溶かして除去します。

a0141327_143933.jpg


熱湯でここまで頑張っても

a0141327_152333.jpg


湯気で見えなくなるほど頑張っても

a0141327_153635.jpg


専用クリーナーを使わないと、やらないよりは良いですが軽くしか汚れが取れなくて頑固な錆はまだ付着した

状態です。

みなさんのブレーキは大丈夫でしょうか?

a0141327_16070.jpg




a0141327_165734.jpg


ブレーキパッドを取り付ける部分のブレーキキャリパーブラケットのシムもブレーキダストが固着してブラシで

擦ったぐらいでは取れません(;一_一)

a0141327_18147.jpg


上下両方とも汚れてブレーキパッドがスムーズに動くとは思えません・・・・


そこで専用クリーナーを使用して洗うと・・・

a0141327_182540.jpg


サッパリして気持ち良いです。

ここまでキレイにしてから薄くグリースを塗ってスムーズに動く状態にしてから組み上げます。

a0141327_195474.jpg


ブレーキパッドの摩耗と同時にブレーキローターも必ず凹凸が出来て磨り減るのでここも注意が必要です。

ブレーキパッドが減ったからとパッドだけ交換する作業を見かけますが、パッド交換だけの場合のリスク

をお客様に正しく説明しているのでしょうか?(;一_一)?

ブレーキローターに凹凸がある状態で、新品ブレーキパッドを組み付けると、ローターの凸部分はブレーキ

パッドに当たり摩擦を起こしてブレーキの役割を果たしますが、凹の部分はブレーキローターにあたりません。

その結果、本来全ての面が数字で表すと例えば新品で10あるとしたら半分以下の5以下しか当たりません。

その結果、凸部分だけがブレーキパッドが減り、凹部分はしばらくブレーキパッドが減るまで役割を果たさず

ブレーキの制動距離も大幅に伸びてしまい、結果本来のブレーキ性能を発揮出来ず、無駄に早くブレーキ

パッドが減ってしまいます。

ローターに傷が入っている場合はローターに研磨出来る厚みがあれば研磨して面取りをします。

ローターに厚みが無い場合は交換するしかありません。

こうする事でブレーキパッドの面とブレーキローターの面が正しく合わさって均等に減るので結果長持ち

もして安全に停止する役割を果たしてくれます。

傷のあるこの状態のローターが研磨すると

a0141327_1101266.jpg


こんなにキレイにまっ平らになります。

a0141327_1103627.jpg


錆もキレイに取れて新品のブレーキパッドとの相性は抜群です(*^^)v

a0141327_110555.jpg



たかがブレーキパッド交換ですが、ブレーキパッド交換ではブレーキキャリーパー清掃とダストシールの点

検、ブレーキキャリーパーブラケット清掃、ブレーキパッドシム清掃とグリスアップ、ブレーキキャリパースライ

ドピン清掃とグリスアップ、ブレーキローター研磨、ブレーキフルード交換&エア抜き、サイドブレーキシュー清

掃&グリスアップ、ブレーキローターバックプレート清掃とここまでやって初めて分解整備だと僕は思います

が、安心と安全と確実性の高い整備を行う事でブレーキパッドを正しく使用して結果長持ちさせる事が大切だ

と思います。

弊社でブレーキパッドのみの交換は¥4000円税別とブレーキパッド代で済みますが、整備したとは言えない

と思います・・・


ブレーキローターは一枚¥4500円税別で研磨出来ますし、ここまでブレーキキャリパーを分解清掃してフロン

トブレーキ片側¥7000円です。

金額だけ見れば高いと思われますが、作業内容を考えれば金額以上の値はあると思います。


車検できちんとブレーキを整備していれば走行距離でも変わりますが、今回の車両の様に車検2回でブレー

キパッド一回で済みますのでブレーキパッド交換一回分お得で安上がりに済みます。


安さだけが全てでは御座いません。

某ディーラーでもブレーキをここまでシビアに考えていないと思います。

レース関係のショップさんとかの方がシビアに整備しております。

基本整備はとても重要です。

心配な人や分からない事があればお気軽にお問い合わせ下さい。
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-30 01:12 | メンテナンス

ATストレーナー交換 JB23ジムニー 

本日は先日車検整備を行ったJB23ジムニーのATフィルター交換&交換する時に漏れるATFを補充致しました。


a0141327_2061643.jpg


走行距離は3万kmですが、軽自動車は普通自動車に比べて全てが小さいです。

当然エンジンオイルとミッションのオイルが通る経路も全て小さいので普通乗用車よりかなりシビアです。

軽自動車だから燃料さえ入れておけば動くと思っていると3万km走行するだげでかなり痛みます。


人間で例えると、人間の血液が車のエンジンオイルと同じだと思って下さい。

血液が流れる血管が細くなるとどうなるでしょうか?

血管が詰まると正常に生活出来るでしょうか?

人間なら倒れて最悪心肺停止してしまいます・・・・

車も同じでオイルラインが詰まると油膜が切れて金属と金属が擦れてしまい故障してしまします。

お手本の前回のブログでご紹介したこの立派なワゴンRの走行距離は

a0141327_20224134.jpg


軽自動車でなんとこの走行距離!!

a0141327_20231526.jpg



こまめにオイル交換をするとエンジンもミッションも長持ちします。

結果、無駄な修理代を抑える事が出来て安上がりにつながります。

今回のジムニーも目指せ20万kmオーバー!!

今からこまめなメンテナンスをしているので20万kmは夢でもないと思います(*^^)v

早速ATミッションの一番下部にあるATオイルパンを外してみると、

a0141327_2027127.jpg


前回の10万km走行したクラウン程汚れていない様にパっと見は思えるのですが、オイルパンに親切?

ストレーナーで取り切れない鉄粉を取る目的でオイルパンの中にマグネットが装着されておりました。

マグネットを外して触ってみると・・・・


a0141327_20292792.jpg


ヌルっと嫌~な感じで汚れが付着しておりました。

a0141327_20302013.jpg


指も真黒になってしまう程です。

オイルパンに溜まっていたオイルはまだ透けて元のオイルの赤色がうっすら見えますが、良く見ると細かい

スラッジや汚れが確認出来ます。

左が新品のATFで右側が古いATFです。

白い物にオイルを付けると良く汚れがわかりますね。

a0141327_20335213.jpg


このオイルパンもキレイに洗浄して、スラッジを取るマグネットを元の位置に取付けます。

a0141327_20351237.jpg



3万kmそか走行していなくてもストレーナーはこれだけ汚れております。

左が新品ストレーナーで右が元々装着されていたストレーナーです(@_@;)

a0141327_20364100.jpg


新品のストレーナーを取り付ける前にせっかくなのでAT内部もキレイに洗浄してから新品ストレーナーを取付

けます。

キレイに洗浄したらちょっと地球の重力があるので大変ですが、新品のATFをしたから頑張って霧吹きで吹き

かけて古いATFをキレイにふき取ってなくなってしまったので新しいATFをなじませておきます。

a0141327_20434469.jpg



ここまでやる必要ないよと言う人もいるでしょうけど、やって得はあっても損が無いので僕は絶対行います。



a0141327_2038323.jpg


使用するATFは当然純正ATFです。

a0141327_20443147.jpg



今回の車検メニューは

エアーエレメント交換(良い吸入)

スパークプラグ交換(良い点火)

エンジンオイル交換フラッシング2回(ターボ車なのでタービンを痛めるフラッシング剤は使用しません。1回目は洗浄力の強いディーゼルオイルでフラッシング、2回目は軽自動車のターボエンジンに適したお勧めのメイ

ンで使用するモチュールでフラッシング。内部に一回目のフラッシングオイルが残っているので残ったオイル

を取り除く為に)

エンジンオイルエレメント交換

ATストレーナー交換

ATF補充

前後デフオイル交換

フロントブレーキ分解清掃、シムブレーキダスト除去

リア ドラムブレーキダスト除去、スチーム洗浄、グリスアップ

ブレーキフルード交換

ファンベルト交換

足廻り、各部グリスアップ

エンジンルームスチーム洗浄

とこんな感じです。


安い車検は探せばいくらでもあると思いますが、後々交換やメンテナンス時期が必ず訪れてその都度作業工

賃が発生してしまい、結果的に車検の時に一度で済ませるよりお金が掛かるケースが多いと経験上思いました。

整備を提供する人がもう少し掘り下げて必要性を説明出来ると、お客様も理解と納得をして頂けるのではな 

いかと思います。


一番安い車検は何も整備しないで車検証の更新だけが一番安いですけど必ず壊れます(笑)


金額以上の値のあるサービスを提供する事で安心と安全と故障した時の対応の保障も兼ねてくれる所を見つける事が一番良いのではないでしょうか?(@^^)/~~~
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-30 00:53 | メンテナンス

ATストレーナー交換 17 クラウン アスリート

エンジンオイル交換同様にATのオイル交換もとても重要です。

変速ショックも少なくなりスムーズに変速してくれます。

ATFが劣化→クラッチの摩擦係数が低下→クラッチが滑る→燃費が悪化→ATFを交換→クラッチの摩擦係数

が復帰→クラッチが滑らなくなる。結果、正しい動作をしてくれる事になります。

エンジンのオイルエレメント交換はご存知だと思いますが、ATでとても重要なATストレーナー(エレメントと呼

ぶ場合もあります。)の存在を知らない人がほとんどだと思います。


ガソリンスタンドやカー用品店でATオイル交換を勧めてきますが、ATストレーナー交換作業までは行う所は

ほとんど無いと思います。

作業時間もかなり掛かり、熟練したメカニック以外が交換作業してATを破損するリスクもあるのと、交換作業

に時間が掛かり面倒がってやらない事がほとんだと思います。

僕はATFを交換すると言うより、ATストレーナーを交換する為にATオイルを溜めておくオイルパンを

取り外した時にこぼれてしまう分を新しいATFに交換すると言った感じです。


今回の車両は17クラウンです。

a0141327_13224692.jpg


17クラウンの1JZターボ搭載のアスリートVなのでハイパワー車な分、ATにも当然負担が掛かります。

a0141327_13495732.jpg


抜けたATオイルを見てみると・・・・

a0141327_1324285.jpg


真黒・・・・

このオイルで正常に作動していたATは素晴らしいと思いますm(__)m

肝心な外れたATストレーナーを見てみると、これも物凄く汚いです・・・

a0141327_13254616.jpg


新品を比べて見てみると

a0141327_13261393.jpg


色が全く違ってみえます。

こちらが新品です。

a0141327_13264571.jpg


元々付いていたストレーナーは黒っぽいので、素材の色が違うかと思いましたが、汚れているだけでした(@_@;)

a0141327_1328378.jpg


汚れを少し拭いてみると

a0141327_13282933.jpg


素材の色が見えました。

新品と同じですが、汚れで別物に見えてしまう程です。

a0141327_1329321.jpg


この古いATストレーナーを良く見ると細かいゴミも物凄く溜まっておりました。


a0141327_13311828.jpg


細かいゴミが入るだけでATは故障の原因となるのでとても危険です。

ストレーナーで取り切れない汚れがAT全体に回ってしまい、ATオイルを溜めるATオイルパンもかなり汚れて

おりました。

a0141327_13325952.jpg


a0141327_13334847.jpg


せっかくなのでここもキレイに洗浄してから組み付けます(*^^)v

a0141327_13343692.jpg


新品同様にキレイになりました(@^^)/~~~

組み上げて試運転が楽しみです♪


明日は3万km走行したジムニーのATストレーナーも分解して交換作業します。


ATオイルは必ず純正オイルを使用して下さいね!!

オイルメーカーのオイルやガソリンスタンドのATFを使った結果、僕は自分の車のミッションを何度も壊してし

まってとても痛い目にあいました(--〆)

廃車にする車でも試しましたが、メーカーが指示する通り、必ず純正ATFをお勧め致します。
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-28 14:15 | オイル交換

スズキ ジムニー JB23 新車へ若返りメンテナンス

車検で入庫したジムニーです。

走行距離は3万キロ弱の車両です。

車検の前提はみなさん御存じでしょうか?

車検の前提は、次の車検まで安全に車両運行する事を目的としております。


整備不良で走行中に車両に不具合が起きて、道路の真ん中で停まってしまい他の人の通行に支障が出て

迷惑が掛からない様にする事も重要ですが、自分自身の安全を確保する事も重要です。


車は消耗品の塊です。

動けば動く程消費します。

今回のジムニーのF林様は車両も弊社にて購入して頂き、整備内容も全て僕の判断に任せて頂ける程信頼

して頂いておりますので次の車検まではエンジンオイル交換とエンジンオイルエレメント交換とタイヤのエアー

補充程度で済む様にと考えております。

車検で前整備を正しく行ったその結果、最終的には一番お金が掛からず安上がりに済みます。

今回の車検点検の結果、ブレーキパットの残量は7mmあるので今回は交換不要ですが、分解清掃し

てブレーキダスト除去作業と、ブレーキダストシールの破れや劣化の状況の点検は必ず行います。

毎日エンジンに火花を飛ばしてくれて頑張っているスパークプラグの状況を確認して見ると・・・

a0141327_213441.jpg


たった3万キロの走行でここまでプラグの頭が減ってしまっております。

新品と比べると


a0141327_2131655.jpg


古いプラグはプラグの先が減ってしまって短くなっており、本来の正しい役割を果たせない状態になっております。


古いプラグと新しいプラグを並べて比べてみると電極の先の部分の長さの違いが良く分かります。

a0141327_21363361.jpg


上側と

a0141327_2137737.jpg


正面から見ると違いが一目瞭然です。

a0141327_2137397.jpg


新品プラグに交換してもジムニーの場合は1本数百円程度です。

ジムニーは3本使用しておりますので、多く見積もっても¥3000円でおつりが出ます(笑)

車種でプラグ交換の金額も変わりますが、交換して良い事があっても悪い事はありません。

悪い所か、正しいスパークを行う結果少ない燃料でも正しく燃料を燃やし、エンジン内部のカーボンや不完全

燃焼した燃えカスが残らずエンジン内部がキレイになり、少ない燃料でも力強く走ってくれますので結果として

燃費も向上します。

車の基本は良い吸入(人間も埃だらけの中で呼吸すると苦しくなります。車のエアークリーナーを見たらみなさん想像以上に汚れているので驚くと思います。)

良い圧縮

良い点火(ここでプラグの役割の出番です。)

良い排気(人間で例えるのであれば、便秘が続くとどうなりますか?)

これが原則です。

これでスムーズに動ける様になった所で、エンジンの動力はどこに伝わるのでしょうか?

車両のミッションからデフに伝わり、毎日一生懸命働いてくれております。


ジムニーは4WDですので前後にコーナリングをスムーズにする役割のデフが装着されております。

デフオイルもとても重要で、みなさんはエンジンオイルだけ交換していれば良いと思いがちですが、大きな間

違いです。


このジムニーは3万キロ走行車両ですよ。

その車両のオイルを抜いて、オイルを抜くドレンボルトに鉄粉を取り除く為の磁石が標準で祖着されております。

標準でメーカーが必要だと、高額な費用を費やした研究の結果、大量に発生してしまう鉄粉は磁石で集めて

内部へ広がる事を最小限に留めると考えたのでしょう。

その磁石にはどれ程鉄粉が付着しているのか見てみると・・・

a0141327_21525429.jpg


これなんだかわかりますか?

わかりませんよね。

キレイにふき取るとこんな状態ですが

a0141327_21533179.jpg


出っ張っている部分が磁石になっております。

この部分に鉄粉が付着している状態ですとこれですよこれ!!!

a0141327_21545479.jpg


一体何の物体がわからない程です。

ふき取ってキレイにして

a0141327_21552552.jpg


初めて本来の形状がわかる程です。


新車からたった3万km走行しただけでここまでの状態になってしまします。

日ごろからこまめなメンテナンスが何度も言いますが、一番お金が掛からず長く車を乗れて、乗り換え費用が

掛からず安上がりにつながります。


良く軽自動車だから10万kmで壊れると耳にする事が某デイーラーさんでありますが、大声で叫んであげたいです。

大きな間違いだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


なぜなら、根拠はこのワゴンRを見て下さい。

a0141327_21584245.jpg


外装はそれなりですが、中身はとびきり元気です(*^^)v

なぜならこの車の走行距離は

a0141327_21593412.jpg


この走行距離を見せて軽自動車は10万kmで壊れると言っている営業マンになぜ10万kmで壊れるのか

教えて頂きたいです。

長持ちしている秘訣は簡単です。

こまめなオイル交換と車検毎と最低でも1年に一回の点検を行い、その都度消耗品を交換して車両にストレ

スを与えない事が一番重要です。

どこかの輸入車ディーラーでは2万kmオイル交換不要と言っておりますが、言っている人の車は果たして何

キロまで走行出来るのでしょうか?(笑)

間違いなく10万km前にガタがくるでしょう。

天ぷら油を毎回同じ油を使って揚げているとどうなりますか?

エンジンオイルエレメントと同じ役割の物で頃ものカスを取り除くだけで新鮮でおいしい天ぷらが出来上がるのでしょうか?


100%無理と断言出来ます!!!!

オイルは酸化もしますし、必ず減ります。

オイルの役割は潤滑だけではなく、洗剤も石油系ですのでご存知かとは思いますが、油の汚れは油が一番

良く取れますので洗浄効果とエンジンの熱を吸収して冷却する役割も含めているとても重要な物です。

大切に長く乗れて、エンジン故障や燃費向上の意味も含めてエンジンオイルは最低でも3カ月か走行3000km毎に交換をお勧め致します。

が、毎年新車に乗り換える方は不要だと思います。

エンジンの他に、オイルはブレーキ、パワーステアリング、ミッション、デフとさまざまな所に使用されております。


2年に一度の車検の時に交換しないのであればみなさんはいつ交換されるのでしょうか?

車検の時に出費を抑えたい方は定期点検時に交換をしておくと後が楽になります。


車は人間以上にデリケートで精密機械ですので携帯電話より大切に扱う事をお勧め致します(@^^)/~~~
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-27 22:14 | 車検

BMW ミニクーパーS ホイールクリーニング輸入車編②

先日の夏タイヤに続いて、今度は装着するスタットレスタイヤを装着する前にブレーキダストを除去します!


a0141327_2030812.jpg


このホイールも見事にブレーキダストだらけの状態です。


水で濡らして擦っても、洗剤で擦っても取れない事は考えれば普通ですね。

錆は石油系の洗剤では分解する事は不可能ですので錆を溶かせる洗浄能力のある専用クリーナーがあれ

ば落とせますが、専門業者以外は入手する事が難しい程、取り扱いが危険な薬品です。

a0141327_20401845.jpg


タイヤ交換の時にきちんと洗浄してから保管出来れば後々楽なのですが、一般家庭できちんと洗浄してタイ

ヤにゴムの品質低下を防ぐコーティングを施工してビニール袋で空気が入らない状態で、直射日光を避けて

保管する事は困難だと思いますので、我々が役立つ出番です(*^^)v

ここでもブレーキダストが原因で発生した錆の現象が現れております。


a0141327_2044028.jpg


ここで専用クリーナーで洗うと

a0141327_20444976.jpg


左側が洗浄した状態で右側が元の状態です。

違いもはっきりわかります。

a0141327_20472891.jpg


こうゆう所の汚れって、取れそうでなかなか取れないのと、無理に力任せで強く擦るとホイールに傷が入って

しまうので注意が必要です。

a0141327_20474746.jpg


普段見えない裏側ももちろんキレイにします(*^^)v

a0141327_2050778.jpg


うっすらとして見える錆が、なかなか取れない事がほとんどです・・・

a0141327_20503535.jpg


これも専用クリーナーで優しく擦ると

a0141327_20504792.jpg


裏側もキレイサッパリに(*^_^*)

口の中に入らないと思いますが、口の中に入れても大丈夫な程キレイな状態になりました(@^^)/~~~

冬タイヤや夏タイヤの預かりはガソリンスタンドでも預かって頂けますが、15インチや16インチであれば大体

4本¥5000円前後だと思いますが、弊社は預かりとホイールクリーニング、タイヤの洗浄と保護ワックス

を施工して4本で¥10000円頂いております。

金額だけ聞けば、タイヤ1本の預かりが¥2500円?

と思われますが、鉄粉除去とホイールワックス、タイヤ洗浄とタイヤのゴム酸化防止剤をコーィングして、預か

るだけの状態からプラス1本¥1250円でここまでキレイに洗浄して保管致します。

安いと思うか、高いと思うかはお客様次第ですが、一度ご自身で汚れたホイールの表と裏側をキレイに洗浄

して頂けると価値が十分理解して頂けるかと思います。

ちなみにこの作業を始めたきっかけはお客様にご要望された事がきっかけで始めさせて頂きましたm(__)m


タイヤ預かり無しでホイール洗浄だけの場合は1本¥2000円になります(^-^)


ご不明な点が御座いましたら、お問い合わせ下さいm(__)m
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-27 22:00 | メンテナンス

BMW ミニクーパーS ホイールクリーニングキャンペーン輸入車編

北海道ではタイヤ交換シーズンがやってきました。


この時期になるとインパクト用の17mm、19mm、21mmのナットを緩めるソケットを大量に用意する必要があります。


一日に10台以上インパクトレンチを使用して、ホイールナットを緩めると金属疲労?激しく使いすぎ?

で必ずソケットが割れてしまいます。

それと同時に2台、3台とタイヤ交換をする時でも不自由が無くスムーズに作業出来る為にもたくさん必要です。


大阪のビーライトさんがタイヤ交換時期に合わせて充電式インパクトを送って頂けるはずなので今年は充電式インパクト3台でスムーズに作業が出来そうです(*^^)v


冬支度で御入庫して頂いた BMW ミニクーパーのSターボです。

入庫内容は、タイヤ交換のついでにエンジンオイル交換・エンジン内部フラッシング・エンジンルームスチーム洗浄・ホイール鉄粉除去・ブレーキキャリパー・ブレーキディスクローター鉄粉除去・車体下廻りスチーム洗浄です。

a0141327_2284937.jpg


輸入車で多くの方が悩む事がブレーキダストが国産車より多く目立つ事と、ブレーキダストでホイールの汚れとブレーキキャリパー本体とブレーキキャリパーブラケット、ブレーキピストンが錆びてしまう事ですね(;一_一)

ブレーキダスト除去はブレーキの効果を本来の性能を保つ為と、ブレーキの寿命も延ばしとても重要な事ですが、なぜかディーラーや他の工場ではあまりブレーキダスト除去作業を行わない様です・・・

この状態のまま放置するとホイールの塗装が剥がれてしまいます・・・・


見た目も美しくない・・・

a0141327_22101499.jpg


フロントホイールの清掃前の状況です。

ブレーキダストでホイールの内側も外側も物凄く汚れております。

リアのホイールも

a0141327_22123921.jpg


ホイールの内側もダストだらけです。

a0141327_2213446.jpg


リアのブレーキキャリパーはフロントに比べて小さくてもホイールの内側までしっかり汚れてます・・・

a0141327_2214659.jpg


これはフロントホイールのアップですが、リアよりもかなり汚れが付着しております。

この時期は北海道独特の雪虫が多くすぐ虫だらけになってしまいます。


a0141327_2214573.jpg


虫の付着って、結構厄介なんですよね。

ですが、熱湯と高圧洗車機と専用クリーナーで一気に汚れを落とせます(*^^)v

ケルヒャーの業務用のパワーはハンパじゃないです!!

汚れた作業着を近づけて洗ったら破ける程の圧力なので加減をしながら使わないと危険です(笑)

この洗車機の熱湯と水圧と専用クリーナーでサット流すだけで

a0141327_22245691.jpg


キレイになります!

a0141327_2219588.jpg


ホイールも汚れが取れると違いがハッキリです(*^^)v

更にホイール全てを内側も、ブレーキキャリパーも、ブレーキディスクローターの隙間も全て洗い流してキレイにします。

丸洗いがとても大好きなんです♪

a0141327_2222026.jpg



通常はタイヤ交換と同時に作業するのですが、今回は撮影の為に外さず作業しました。

a0141327_2226253.jpg


しぶとい鉄粉も専用クリーナーで溶かして全て除去します。

キレイに洗うと、ホイールが新品の様にキレイなシルバーがよみがえりました(*^_^*)

a0141327_22274664.jpg



最初はこの状態でしたが

a0141327_22281897.jpg


びほーあふたー後は

a0141327_22284278.jpg


これだけキレイになります(*^^)v


輸入車のブレーキダスト除去キャンペーンを行っておりますので輸入車でホイールとブレーキ清掃をご希望の方はブログみたとお問い合わせ下さいm(__)m

通常は車検整備やディーラーでもここまでの清掃はやらないと思います。


そもそもやる必要性・重要性の意味すら知らない人の方が多いと思います(笑)

毎年新車に乗り換える人は良いと思いますが、基本中の基本が一番大切です。
[PR]
by kurumano119ban | 2015-10-25 03:57 | タイヤ交換
line

(有)車の119番


by kurumano119ban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31