車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

札幌 フェラーリ488GTB スーパーカー ceramic Pro 9H ボディーコーティング

最近スーパーカーの依頼が物凄く多く、コーティング屋並みの仕事量になってきました^_−☆

塗装屋ならではの塗装を熟知した我々が均等にキレイに鏡面状態に磨き上げてからコーティング剤を専用プライマーでしっかりフェラーリ純正塗装のPPGに密着させる事で効果の持続性を上げ、光沢感を長期間持続させます^_−☆

a0141327_04105377.jpeg

まずは磨きの粉で車を汚れない様に念入りにマスキング^_−☆

そしてブレーキキャリパーとホイールも施工するのでリフトで上げて下廻りも念入りに研磨作業&コーティングを施工します。

a0141327_04122130.jpeg


a0141327_04123368.jpeg

ブレーキキャリパー下側も念入りに研磨してプライマーをしっかりと塗り込みます。

a0141327_04132878.jpeg

a0141327_04134081.jpeg

リフトアップ作業ならではのバンパー裏側ももちろん手抜きは一切しないでキッチリ仕上げます!

a0141327_04144241.jpeg


a0141327_04145618.jpeg

ブレーキキャリパーもツヤっつやに。

a0141327_04153606.jpeg

弊社ではドア中ももちろん綺麗に磨き上げてからコーティングを施工します。

ここって、以外と汚れるんですよね(^_^;)

a0141327_04162972.jpeg

ドア中のサイドステップも乗り降りする時にカカトが当たって傷が入るので、コーティングを施工しておきます(^-^)
a0141327_04172588.jpeg

ボディー側のドア中も綺麗に施工


a0141327_04175850.jpeg

全ての作業が完成して、1日乾燥させてから熱湯で洗車して研磨作業時の粉を洗い流します。

a0141327_04184800.jpeg

隅々まで細かくチェック

a0141327_04191956.jpeg

そしていよいよ完成ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

a0141327_04193985.jpeg

a0141327_04195134.jpeg


a0141327_04200358.jpeg

白なのにこの光沢感はceramic Pro 9Hならではです(^-^)

ご用命ありがとう御座いました^_^

[PR]
# by kurumano119ban | 2017-03-24 04:07 | ボディーコーティング&メンテナンス

バッテリー交換‼️ されどバッテリー‼️

今回は車検で入庫したヴォクシーのバッテリー交換です^_−☆

北海道は気温が夏場でも夜間はかなり低く、年間通して気温が低いのでエンジン始動時に1番重要なバッテリーは物凄く重要です(^_^)

今回装着されていたバッテリーサイズは標準サイズが55B23Lですが、寒冷地サイズの75D23Lが装着されておりました。

せっかくバッテリー交換するのであれば、価格は高価ですが絶対の安心と信頼と持久力はお墨付きのPanasonicのカオスバッテリーに交換する事に致しました^_−☆

カオスバッテリーの場合は75D23Lと同サイズで規格最大サイズの100D23Lの設定がありますので、今回は最大サイズに容量を大きくしましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

元々装着されていたバッテリーはかなりくたびれた感じです。

a0141327_02411312.jpeg

a0141327_02412776.jpeg

長年頑張ってくれたこのバッテリーから
a0141327_02420555.jpeg

新品のPanasonic カオスバッテリーに交換致します(^_^)

ちなみに僕はPanasonicの回し者ではありませんが、自分達で使用して自信を持ってオススメ出来る良い物だけをオススメ致しますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

a0141327_02434532.jpeg

左のバッテリーが今まで装着されていた75D23Lで右側の青いバッテリーがPanasonicのカオスバッテリー100B23Lですが、外見の大きさは全く同じなのでエンジンルームに元のバッテリーと同じ様にピッタリ収まります^_−☆

a0141327_02461254.jpeg

違和感なく綺麗に収まりました(^_^)

エンジンの始動も今までと違い、物凄く力強くセルモーターが始動してくれるので安心です^_−☆

a0141327_02471670.jpeg

エンジンルームを開けた時に一目で分かる青いバッテリーが物凄くカッコいいですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

自動車整備をしている人なら1発でこの車のバッテリーはまともなメーカーの物を使用していると分かります(^_^)

これで毎日乗らなくてもバッテリーが上がる不安が解消されました(^o^)

バッテリー交換は安さより、信頼性を重視する事が1番大切です(^_^)

[PR]
# by kurumano119ban | 2017-03-14 02:30 | オススメの用品

ランクル100 ディーゼル 基本メンテナンス バッテリー交換

北海道は冬季間はバッテリーの消耗が激しいので、弊社では責任の持てない安価な輸入品バッテリーや無メーカーバッテリーは一切お勧め致しません(^_^;)

本来2年に1度を目安に交換を推奨されているバッテリーですが、携帯電話のバッテリーは皆様心配されますが、マイカーのバッテリーの方が重要ですよ(^_^;)

a0141327_02382999.jpeg

もともとYUASAバッテリーでしたが、ランクル100のディーゼルエンジンはエンジン始動時にバッテリーの電圧が1番重要なので弊社では信頼出来るパナソニックカオスバッテリーに交換致しました^_−☆

a0141327_02400086.jpeg

ダブルバッテリーなので2つ共にお揃いのカオスバッテリーに交換致します。

a0141327_02411351.jpeg
a0141327_02420177.jpeg

a0141327_02422977.jpeg

これもターミナルの頭をシッカリ出る様に取り付けます^_−☆

ここの部分のバッテリーの端子の頭が出て居ないとスッポ抜けたりする場合もあるので物凄く重要な部分です(^-^)
a0141327_02440940.jpeg

エンジンルームを開けると、パナソニックの鮮やかなブルーが発色して一目でカオスバッテリーだと分かります^_−☆

エンジンの始動も今までより力強くセルモーターが回り重たさを全く感じない程の状態になりました(^-^)

バッテリーは自動車の1番最初に始動させる時に1番重要な部分ですので、キチンとした物を取り付けする事をお勧め致します^_^

[PR]
# by kurumano119ban | 2017-03-05 02:35 | オススメの用品

車の基本 メンテナンス バッテリー交換 バッテリー上がり

北海道では気温低下と共にバッテリーの電圧も落ちてしまい、冷え込む日の朝一にバッテリーが弱ってしまい、セルモーターを始動する電圧が無くエンジン始動出来ない事が良くあります。

a0141327_02172486.jpeg
これはうちの会社で使っているグランドハイエースです。

ディーゼルエンジンですので、ガソリンエンジンに比べて尚更エンジン始動時にはバッテリーが重要です。

突然何故かセルモーターの回転が弱ってきたので、信頼と安心の実績のあるパナソニックのカオスバッテリーに交換致します^_−☆

通常は115D26サイズなのですが、同じサイズでもパナソニックのカオスバッテリーの場合は容量の大きい125D26サイズになるので容量が大きい分、タフです^_−☆
a0141327_02225192.jpeg

鍵を回してセルモーターの回り方が物凄く元気良くなりました(≧∇≦)

中国製やインターネットで安売りしているバッテリーはいざと言う時に不具合が発生したり、保証期間内であっても交換してもらえるまでに時間が掛かってしまう為に、弊社では多少高くても責任持って対応してくれるお店で購入する事をお勧め致します(^-^)


a0141327_02251961.jpeg

パナソニックのシンボルのブルー色が鮮やかに発色しており、このバッテリーを見るだけで安心感が違います(≧∇≦)

良くバッテリーのターミナルの頭が出ていない車両を見かけますが、
a0141327_02264361.jpeg

○印の部分を少し緩めて端子の奥までプラハンなどで軽く叩いてシッカリ奥まで差して下さい(^-^)

a0141327_02274675.jpeg

このぐらい頭が出れば完璧です^_−☆

お金を掛けなくてもキチンとメンテナンス出来ますので、1度ご自身のバッテリーのターミナルをご確認下さい(^-^)


パナソニックの回し者ではありませんが、良い物は良いのでお勧めです^_−☆

テスラモデルSのリチウムイオン電池もパナソニック製なので世界のパナソニックは安心と信頼出来るバッテリーです^_^


[PR]
# by kurumano119ban | 2017-02-25 03:05 | メンテナンス

輸入車のコーティングならお任せ下さい!マセラティ クアトロポルテ ceramic Pro 9H

新車の輸入車は日本に届くまでに黄砂や雨染みが付着しており、良く見ると小傷もありますのでコーティング剤で艶を出すのではなく、塗装のトップコートのクリアーに付着している黄砂や小傷や雨染みをキレイに除去してから、コーティング剤を剥がれずらくする為に脱脂とプライマーで密着効果を高めて最大限に良い環境を作る為に施工室の温度を上げてから施工作業を開始します^_−☆
a0141327_23184204.jpeg

予め研磨剤が入り込んで困る場所にはマスキングを行いコンパウンドや磨きの時に発生する粉を入らない状態にしておきます。

a0141327_23190156.jpeg

a0141327_23194427.jpeg

エンジンルームもビニールマスカーを使用してマスキング
a0141327_23201565.jpeg

a0141327_23204838.jpeg
a0141327_23210797.jpeg
a0141327_23212466.jpeg

光の輝き方に嘘偽りは御座いません。

a0141327_23215291.jpeg

クアトロポルテを作業させて頂きありがとう御座いました^_^

[PR]
# by kurumano119ban | 2017-02-20 03:13 | ボディーコーティング&メンテナンス
line

(有)車の119番


by kurumano119ban
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30