車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

平気で嘘やデタラメを言う業者・・・・保険事故

最近保険屋さんの問題が多いと思います。

まあ問題は保険屋さんでは無く人間なのですが・・・・

お客様の悩みで結構多い問題がデタラメな業者?人?

が多く被害が絶えず、僕に相談される事があるのでお客様からの要望もかなりあるので

ブログにガンガンアップしていこうと思います(^-^)

みなさんはあまり保険屋さんと仕事でお話しをする事はないと思いますが、世の中全ての職種の人間が

ピンからキリまでいると言う事はご理解頂けると思います。

ヤブ医者も居れば、名医、正しい知識を持って真剣に仕事に取り込む人からなんとなく仕事をしている

人。

最近の僕のマイブームは同じ事を同じ所に5回問い合わせをして毎回担当者を変更してもらい、

矛盾した所を書き出して全て明確になるまで追求して教えて頂きます。

最近は役所に税金に関する質問をした時に矛盾を感じました。

人間は危険や不信感を抱くと敏感になります。(笑)

1人の人が本当の真実を教えてくれているわけではない。

僕はお客様に僕が話した事をディーラーや他の整備工場に確認して下さい!

と勧めます。

それは僕が正しい事を言っているかいないかの比べる判断基準と正しい知識で正しい事を明確に

お客様にお伝えする事が出来ているかいないか!

と言う所です。

もし車の修理箇所の説明で「僕の説明で間違っている」所があった場合は頭を坊主にして

後頭部に僕は嘘つきです。ゴメンナサイとカットしてもらって謝罪させて頂きます。

それぐらいの覚悟で毎日仕事をしております。

役所の役員さんに先程お聞きしたT中さんとあなたがお話しされたこの部分が噛み合わないのですが

どうゆう事なのでしょうか?

とあなた、間違った事していますよオーラを出すと決まって自分の非を認めず正当化してきます。

面白い事に正当化すればする程話しが噛み合わなくなる(笑)

最終的に話しをそらしてはい終わり。

みなさん程賢ければ諦める事が出来るのでしょう。

が!!

僕は納得出来ないんですよ。

ゴメンナサイを言えない大人が許せない!!

そこで、日本は法律で国民を守っていますね♪

法律違反は罪です!

役所の人が説明を的確に出来ないと言う事は・・・・・

ここでは具体的には触れませんが、税金は国が管理します。

その管理者が間違えると言う事は・・・・

重罪ですよと問い詰めて、どの法律に違反したのか丁寧に説明をして、やっと間違いを認めました。


こんな大人にはなりたくないですね~・・・・


今、とても大きな問題を抱えています。

この問題もろくな大人では無いと思います。

事の始まりは、当店で現行ボルボV70のT6をご購入頂いたM井様がガソリンスタンドで

間違ってレギュラーガソリンを入れられてしまいました。

これって結構良くある事なのでみなさん簡単に考えてはいけませんよ。

M井様の奥様がいつもより燃料代が安い事に気付き、店員に間違いを伝えると・・・・

スダンド職員・・・・同じガソリンなので問題ありませんよ!!


M井様・・・・車両購入した車の119番にもレギュラーは絶対!絶対いれないで下さい!!!

        と、強く念を押されているんですよ。故障の原因にならないんでしょうか?


スタンド職員・・・・はい。なんともないのでお金払って下さい。


M井様・・・・店長さんいらっしゃらないのでしょうか?

スタンド職員・・・・今日は日曜日なので店長は休みでいません。


           店長の名刺を渡すので何かあったらスタンドに連絡下さい。


M井様・・・・あの~・・・今、何かの問題が発生したんですが・・・・


スタンド職員・・・・今日は店長居ないので帰ってまた明日以降連絡下さい♪

まるで他人事~♪

僕店長じゃないし~♪

あんたの事なんてし~らない!

と言わんばかりの対応でM井様は話にならないので仕方なくそのまま自走で自宅まで走行して戻る

しか方法が無く、自宅に帰ってから僕の携帯に連絡がありました。


僕の経験上では絶対ダメです!

みなさん、もし同じ事が起きた場合は速やかにエンジンを停止してドアロックをするかスタンドの職員に

手押しをしてディーラーまで搬送車かレッカーで移動させて下さい。

厳密に言うとレッカーは車体に負担が掛かるので積載車がベターだと僕は思います。

これも指定出来る「権利」があります。

ここで詳しくはお伝え出来ないので消費者の権利で「選択する権利がある」とお調べ下さい。

更に

・安全である権利

・知らされる権利

・意見を反映させる権利



これで事業者側はPL法に基づいて拒否する権利は無い事が証明されます。

物事には全て根拠、基準がありますよね。

そこを間違ってはいけないのです!

今回のM井様は安全では無いので法律違反になりますね。

ハイオクとレギューラーガソリンを間違えた問題で僕が絶対にダメだと言ういくつかの根拠があります。

まず、取扱い説明書に記載されている。

僕の父がボルボを新車で購入し、ルンルンで今までレギュラーガソリンを入れてもらっていたスタンドで

満タンで!とお願いするとレギュラーを満タンにされました。

その結果・・・新車なのになんか調子悪い・・・・

アクセルを踏み込むとエンジンの吹けが悪い・・・・

不安になった父はボルボのディーラーであるカメイオートに点検に出しました。

10日間ぐらい原因不明が続き、検査を続けるとなんと!!!!!

レギュラーガソリンを使用していた為にスパーグプラグにまで被害が達してそれが原因で

正しい点火が行われずエンジン不調の原因となっていたのです。

その経験からM井様にもすぐ燃料を抜き取る作業と重要性を説明して引き取りに伺わせて頂きました。

ガソリンスタンドにこの話しをして業務中の事故なので悪意は無いとしても過失はあるので

ガソリンを抜き取る必要経費はスタンドの負担でお願いします。と連絡すると、ハイオクも

レギュラーもガソリンなので「壊れるワケがない!!!」

これ以上連絡してくるなら弁護士を出しますよ!

とかなり強気です。

知らないって怖いですね~

これって今風の言葉で言えば逆ギレ?てやつですかね(笑)

こんな事でくじけていたらうちの従業員の指導も出来ません(笑)

弁護士が出てくるなら好都合ですよ。

法律違反しているのはスタンドなのですから。

先程ガソリンの入れ間違いで壊れる訳が無い!とハッキリと言っております。

根拠も無く事業側がそんな事を言ってはいけませんよね。

このスタンドはカメイオートなのでしょうか?

なぜ壊れないと知っているのでしょうか?

なぜ壊れないと言い切れるのでしょうか?

僕は色々な矛盾から弁護士に質問してみようと思います。

まず、取扱い説明書を開いて、見てみると

a0141327_0505556.jpg


フューエルと言う項目があります。

そこにはこのように記載されております。

a0141327_0512984.jpg



ボルボ社が指定するグレードの燃料とは何を基準に示しているのでしょうか?(笑)

a0141327_0525374.jpg


日本では『無鉛プレミアムガソリンを使用して下さい』

と記載されているではありませんか!!!!!

ここは日本です(笑)


プレミアムガソリンと言うハイオクガソリン以外は使っちゃダメって事ですよね。

それでレギュラーガソリンを使った場合はどうなるかと言うと・・・・・

a0141327_0564575.jpg


あ~あ~

もうメーカーの『保証』や他のサービスも『全て適用』されなくなってしまうんですね。

メーカーさんではメールで同じ事をご質問させて頂きましたが、説明書と同じ回答でした。


と言う事は・・・・

矛盾を感じませんか?

ガソリンスタンドの方はエンジンの故障は考え難いとおっしゃっておりましたが

メーカーでは先程の説明書に記載されている通りです。

さて、僕が言っている事とスタンドが言っている事はどちらが正しいのでしょうかね~

弁護士さんは法律のプロですからね(笑)

法律のプロが知っている事を知らないふりをする事事態が問題ですよね。

この問題は民法709条に当てはまる問題だと思います!


民法709条とは『不法行為』


「故意又は過失によって、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」

と説明されております。

故意はわざとなので悪意がある、間違いを起こした事が知らなくても過失になる!

どちらにしても

『生じた損害を賠償する責任を負う。』

と国が決めた法律ですよ。

間違いを起こしたスタンドが謝る所か弁護士を出して逆ギレ!!

大人は言葉一つでも責任を取らなくてはいけないのがこの国のルールです!

これどうやって賠償逃れするのでしょうか?

弁護士ではない僕でも理解は出来ます。

中学のロクに出ておりませんが字もなんとか読めます(笑)

法律に違反したらどうなるか・・・・

捕まってしましますよ。

『生じた損害を賠償する責任を負う。』とはどのように責任を負ってもらうのか。

それは民法417条 『金銭賠償の原則』

簡単に言うと壊された物をお金に換算してお金を払う事で解決しなさい。と国で定められています。

壊れた物と同じ物ではなく、お金に換算して被害者に支払う事で責務を果たすと言う事です。

第722条

1.第417条の規定は、不法行為(民法709条)による損害賠償について準用する。

第417条(損害賠償の方法)

不法行為においては原状回復ではなく金銭賠償が原則であることを規定している。名誉毀損の場合は例外的に原状回復としての謝罪広告等の請求が認められている。

今回の場合は燃料間違いで相手の過失が100です。

メーカーは燃料間違えでもう保証してくれません。

北海道の田舎なら一軒家が買える金額の車です。

走行距離もまだ25000kmです。

さて原状回復も無理ですよね。

メーカーは保証してくれませんから。

どのように賠償してくれるのでしょうか?

まあ僕ならもう乗らないかな?

みなさんご存知だと思いますが、サーキットで、サーキットですよ。

一般公道や高速道路ではなく、サーキットで目一杯床までアクセルを踏み込んで

200km/h以上出して走る事が頻繁な僕の場合はメーカーが保証してくれなきゃ故障した時に一切保証

や点検もしてくれない。

300km/hは最高ですよ♪

メーカー保証期間の車が保証が適用にならない。

と言う事は5年落ちの中古車と同じ扱い?

いや、それ以下の扱いになりますよね。

しかも今の車って燃料タンクの素材が樹脂で出来ていてタンク下に昔の車みたく燃料を抜くドレンボルト

がないんです。

そうなれば燃料タンクを取り外さなくてはならない。

この写真は別な損保会社に頼まれて今回と同じ燃料の入れ間違いでレギュラーを入れられて

しまったのです。

a0141327_1392879.jpg


燃料タンクの下には燃料を抜くボルトが見当たりません。


ちなみにこの車はベンツのスマートと言う車なのですが、リアエンジンの構造なので

エンジンを降ろさないと燃料タンクが取り外せないのです。

a0141327_1415674.jpg


燃料の補充部分がタンクと一体化されているので簡単には外せません。

これ取り外すだけで12時間・・・・

それからタンク内洗浄して、燃料ラインを交換して、スパーグプラグを交換して・・・・

元に戻す作業は16時間以上・・・

合計28時間以上ですよ。

スマートはガソリンスタンドの保険で対応して頂いているので一般的には保険修理でお客様も安心

出来ます。


もちろん代車費用、搬送費用も全て『賠償』の対象です。

これと同じ問題をシカトする事が出来るのでしょうか?

保険会社が支払いを許可しながら作業している事と全く同じと言うことは・・・

保険会社が支払いをする=損害賠償となるから賠償金で修理が出来る。

保険会社が支払いをすると言う事は裁判をしても賠償責任があるから支払いをするのです。

物事には理由が必ずあります。

例えば、家族にお金ちょうだいと言われたらみなさんはお金を渡しますか?

理由もないのにお金は渡さないですよね。

トイレットペーパーを買うからお金ちょうだいとか。

支払いをするからお金ちょうだいとか。

必ず理由があります。

スタンドの弁護士さんはM井様にどのような返答をしてくるのでしょうか?

こちらの立証根拠の定義が明確です。

それと同じく言葉の定義を教えて頂きましょう!

この話しは話しが進む度にアップしますね(*´∀`)

さて、漢字の書き順の勉強でもすっかな・・・・

あ!肝心な事言い忘れていた!

みなさん証拠を取る為のカメラ(携帯で充分)とボイスレコーダーは必ず携帯して下さいね!

言った言わないと口論になる前に笑顔で手渡してあげると円満解決する事が多いですよ(^-^)

さ、漢字勉強しよっと。
by kurumano119ban | 2012-11-11 03:26 | 最近の様子
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31