人気ブログランキング |

車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

トヨタ プリウス ボディーメンテナンス

前回旦那様のランドクルーザー200の車検と遮熱フィルムを施工されたI様から、奥様が買い物の移動に使用しているプリウスが傷だらけなのでキレイに磨いてコーティングを施工して欲しいとご依頼して頂けました(^^)

良く高級車や新車以外はコーティングしてもらえないのでしょうか?と聞かれるのですが、姿形が違うだけで同じ車には変わらないのでその様な差別は一切御座いません笑

トヨタのソリッドブラック202は傷が目立ちやすくて有名です。

ソリッドカラーは誤魔化しが一切通用しない為、嫌がる人がおりますが、うちはソリッド専用にコンパウンドも研磨バフも専用品を使用する為大歓迎です🎵

良い、悪いが明確なので研磨作業していても一目で分かりますし、お客様もすぐ違いに気が付いて頂けるので非常に嬉しいです!

先ずはいつも通りの検証作業です。

車は全て保管状況や使用用途が全く同じ状況では無い為、一台一台全てボディーコンディションが違う為に先ずはボディーコンディションの診断を行い、1番相性の良いコンパウンドと研磨バフ、ポリッシャーの回転速度を選択します。

a0141327_01233749.jpeg

写真でもハッキリと分かる通り、かなりの洗車傷やスクラッチ傷が目立ちます。

左側は元の状態で、その右側は鉄粉と雨染みを除去してから1度目の研磨作業を行なった状態ですが、これだけでも左右の違いがハッキリわかります。


a0141327_01302957.jpeg

そして更に今度は1度研磨した場所の右側を鏡面研磨仕上げにします。

真ん中のラインは元の状態が分かる様にマスキングしてあります。
マスキングラインの右側が鏡面仕上げの状態です。

a0141327_01331867.jpeg

更に鏡面仕上げの状態から、最終仕上げを行うと塗装のクリアー自体の曇りが無いので更に深みが増します。
この状態でコーティングを施工すると、更に深みが出るので、差をハッキリさせる為に1番右側の助手席側だけコーティングを施工してみました。

a0141327_01364607.jpeg

電球がクッキリとキレイに見える状態です。

a0141327_01374496.jpeg

a0141327_01381294.jpeg

運転席側が元の状態で、助手席側は最終仕上げの状態です。

a0141327_01233749.jpeg

a0141327_01391604.jpeg

a0141327_01393642.jpeg

運転席側と助手席側の違いがハッキリする程です。

助手席側の状態は間違い無く新車よりキレイになっております。

気になる方は一見する価値はあるかと思います。

誤魔化しは一切無いので足を運んで頂ける価値はあるかと思います。

明日から本格的にボディー全ての作業に入りますので、完成したらまたアップします^_^

# by kurumano119ban | 2019-07-29 01:17 | ボディーコーティング&メンテナンス

車体下廻り防錆塗装

いつもハイエースにceramic pro 9Hをコーティング施工して下さっている伊藤様のお父様が新車から大切に乗られていた形見のクラウンをタイミングベルト交換、スパークプラグ交換、デスビ交換、ラジエター交換、サーモスタット、ウォーターポンプ交換で御入庫頂きましたm(_ _)m

リフトで上げるついでにと、下廻りの防錆塗装もご依頼して頂けました(^^)

まだ下廻りにサビは少ない状態です。


マフラーは耐熱塗料のシルバーを塗るので1番最後に塗ります。
a0141327_23161280.jpeg



a0141327_01054534.jpeg

タイヤハウスの内側もしっかりと厚塗りします。
シャーシブラックは塗装の膜厚が薄いので飛び石ですぐ剥がれてしまいますが、この防錆塗料なら膜厚がある為吸収して剥がれる事が少なく済みます。

a0141327_23164673.jpeg

今回はサスペンションとショックアブソーバーも交換する作業でしたので、せっかくの新品社外パーツが真っ黒になってしまうのはもったいないので塗装前に取り外してから防錆塗料を塗って、乾燥してから取り付けました(^^)

普段見えない場所でも、拘りたい方なので(^_^;)

a0141327_23170680.jpeg


下廻り塗装とマフラー耐熱塗装後の状態です。

a0141327_23172122.jpeg

ボディーに防錆塗料のミストが付着しないように、ボディー全てにビニールマスカーでマスキングを行なってから塗装します。

必ずボディー全てマスキングしておかないと、空気中に舞った防錆塗料のミストがボディーに付着してザラザラになってしまいますので、100%必要な作業となります!



a0141327_23173580.jpeg

たかが下廻りの防錆塗装、されど塗装です。

下廻りの防錆塗装前のスチーム洗浄のお陰で汚れをきれいに取り除けるのでキレイに仕上がりました。

ご用命あり


More
# by kurumano119ban | 2019-07-01 23:11 | メンテナンス

ダイハツ ハイゼット 塗料飛散物除去作業

建物の外壁塗装の影響で、ボディー全体に白い建築塗料が飛散してしまってボディー全体に飛び散ってしまっており、更に飛散した塗料を除去しようとゴシゴシ擦ってしまい擦り傷も増えてしまっている状態でした。


a0141327_20140292.jpeg

黒系はうちの得意分野ですので、早速飛散している塗料を専用の溶剤を使用して溶かして除去作業を行い、その後に飛散した塗料を除去しようと擦ってしまい傷だらけになってしまった傷を研磨作業にて除去します。

ここの作業場は傷が最も見える状態にする為に電球色のスポットライトにしてあるので、一切誤魔化しは通用しません。

磨きで100%仕上げなくてはなりません。

このギラつき状態から

a0141327_20240433.jpeg


ここまでスカっとキレイになります(^^)

a0141327_20264516.jpeg

a0141327_20270497.jpeg

パソコン画面で拡大して見て頂いても、キレイに研磨している事をご確認して頂けます。

リヤゲートも

a0141327_20300657.jpeg

ここまでスッキリ仕上がります。
a0141327_20303408.jpeg

外では見えない傷も建物の中で光を当てて見ると、目立つ傷が見える事がありますがここまで光を当てて見ても傷がなければ外ではもっとキレイに見えます。

ボディー全面を磨き終え、傷の付着を防ぐ為にコーティングも施工させて頂きました。

仕上がりはご覧の通りです。

a0141327_20335039.jpeg


a0141327_20352955.jpeg

a0141327_20361175.jpeg

a0141327_20363990.jpeg

a0141327_20370546.jpeg

仕上がりにはとても満足して頂けました(^^)

ありがとう御座います!


# by kurumano119ban | 2019-06-30 19:58

第2工場間も無く完成!

お陰様でブログをサボる程お仕事を頂戴してありがたい限りです(^_-)

2年前に今の会社から数分の所に閉める整備工場があったので、道路沿いで今の工場より利便性が良い為、購入したのですが、床が泥団なのと手抜き工事だったみたいで歪んでひどかったので、スノーモビル仲間の先輩達に相談した所、床のコンクリート、電気工事、二階の物置、休憩室、事務所全てを限られたスペースを最大限に活かして工事してくれました(^^)

磨きスペースと洗車の拭き上げ、整備後の完成車両を停めておくスペースもカッコ良く作って頂きました♪

a0141327_11242411.jpeg

間接照明が欲しかったので、間接照明を入れて頂き電気の色は温かみがあって1番傷がハッキリと見える電球色のLEDで揃えて天井には明るさを調整出来る調光式LEDダウンライトを50個埋め込んで頂きました(^_-)

お陰で工事途中で床の塗装がまだ済んで居なかったのですが、たまたま大きいセコイアがボディーコーティングで入庫したので無理を言って作業させて頂きました(^_^;)

完成写真は

a0141327_11295384.jpeg

車3台は停めれるスペースですが、セコイアクラスになるとさすがにデカイ‼️笑

a0141327_11305952.jpeg

このクラスでもここの作業スペースだと広々と使えるので作業はとてもし易かったです^_−☆

壁はコンクリート調の壁紙クラスを貼って頂き、寒さ対策の為に住居と同じくグラスウールを外側との間に入れて頂いたので寒さ対策と夏場の熱対策でエアコンも装備したので快適に作業が出来ます(^^)

コーティングを施工する場合、ceramic Pro 9Hを施工する場合は湿度が高いと施工出来ない為、どうしてもエアコンで除湿しなくてはならない為、エアコンは必需品になってしまうんです(^_^;)
良い仕事をする為には環境が大切なので、環境を整えて今まで以上に良い仕事を出来る様に頑張りますm(_ _)m

工場が完成したらまたブログにアップ致します^_^

# by kurumano119ban | 2019-06-21 03:27 | ♯札幌 ボディーコーティング

レクサス LS ceramic Pro 9H ボディーコーティング

a0141327_22150328.jpeg


フロントバンパー塗装修理のついでに、新たに塗装するバンパーに合わせて全体的にキレイにしたいとご要望が御座いましたので、今回のコーティングメニューのご案内です。

ボディー全面の洗車傷を可能な限り研磨作業を行い、新車以上の光沢と艶が出る鏡面ボディーに仕上げる為にプレミアム鏡面仕上げコースを選択されましたm(_ _)m

ボディーコーティングでも様々なボディーコーティングがあります。

例えば、新車や中古車でも、今のボディーコンディションを保つ為に汚れの付着防止や擦り傷が増えない為に保護をする目的であれば、研磨作業は不要となります。

新車でも研磨作業を行う事で新車以上の光沢と艶を求める方はプレミアム鏡面研磨作業が必ず必要となります。

中にはコーティング剤を塗ればキレイになると思う方もいらっしゃいますが、確かに艶はコーティング剤の種類でも異なりますが、艶は出ますが擦り傷や洗車傷が消えるわけでは御座いません。

傷は大袈裟な言い方かもしれませんが、研磨作業と言って削らないと100%なくなりません。

塗装修理も当然行いますが、深い傷は塗装、浅い傷は研磨する以外は、目の錯覚を利用した油分で誤魔化すぐらいしか方法は無いと思います(^_^;)

表面上の浅い傷は消する事が可能ですが、トップコートのクリアー塗装よりも下のぼて色のベース塗装まで達している場合は研磨作業を行っても傷は消えません。

キレイに研磨作業を行なって、傷が消えたらそのままで良い方はコーティング施工は不要ですが、せっかく傷がなくなってキレイにしたので、コーティング剤で傷防止と汚れの付着を防ぎ、長期間ボディーを傷や汚れから保護する目的がボディーコーティングの役割となります。

今回はせっかくプレミアム鏡面研磨を選択されたので、研磨作業後のボディーコーティングはSGSの認定品の正真正銘の硬度9Hの硬度でボディーを守ってくれるceramic Pro 9Hを施工する事になりました(^^)

a0141327_23393138.jpeg

a0141327_23415355.jpeg

実際にceramic Pro 9Hの製造工場に自ら足を運び、様々な試験も体感してきております。

最近良く出回っている紛い物とはまるっきり別物で、当然取扱いを行う為には大阪で実技、座学の講習を受講しなくては取扱資格の認定が取れません。

世界が認めた高度9Hのコーティングがceramic pro 9hです。

フロントバンパーは塗装修理を行いましたので、当然新車同様にキレイな状態ですが、それ以外のボディーには洗車傷が物凄く目立つ状態です。

a0141327_01111533.jpeg

機械洗車機で頻繁に洗車されていた為に、物凄く無数の傷がある状態です。

a0141327_01125892.jpeg

ボディー全体がこの様な状態です。

塗装を削らないコーティングとかも最近は耳にしますが、もし本当に研磨作業で削らないで傷が消えるのであれば目の前で見てみたいです笑

ここの作業場は1番傷が良く見えて誤魔化しが一切通用しない様に電球色のスポットライトを44個を様々な角度から照らしているので、見たくない傷がハッキリ見えてしまう程鮮明にわかります。

何度も言いますが、傷は研磨作業を行い、塗装のクリアーを削り、更に曇りが無い様にスッキリと最短で最高な状態にする事が1番キレイに仕上がり、塗装を無駄に薄くしないで済むので大切な事です。

研磨前には必ず塗装の膜厚を測定します。

a0141327_01283057.jpeg

測定数値は247μです。
コピー用紙2.5枚分の厚みで下地からトップコートのクリアーまでの厚みになります。

a0141327_01403293.jpeg

ボンネットを真ん中から左右に分けて毎回必ず膜厚測定を行ってからテスト研磨作業を行います。

この研磨作業前には既に傷の原因となる鉄粉は既に鉄粉除去ジェルを使用して除去してありますので、研磨してもボディーに付着している鉄粉が新たな傷を増やす事は無い状況にしてあります。

車は同じメーカーで、同じボディーカラーでも使用状況や保管状況で全て異なる為、1台1台全て傷の状況も何もかもが違う為に、1番最短でキレイに研磨出来るコンパウンドと、研磨バフ、ポリッシャーの組み合わせを経験を生かして試します。

今回はどのぐらい研磨して、どのコンパウンドとどのバフを使用してキレイになるのか試した結果は

a0141327_01415121.jpeg

まるで塗装したかの様に、いや、塗装以上の仕上がりになりました(^-^)v

当然全ての部分をこの磨き上げたボンネット同様に仕上げるのですが、元の状態がこの状態です。
a0141327_01442067.jpeg

右側が研磨作業後で、左側は元の状態です。
a0141327_01445449.jpeg

マスキングテープを剥がしても
a0141327_01454820.jpeg

左右で色の濃さまで違う事が確認出来ます。

これは塗装のトップコートのクリアー塗装が擦り傷で濁ってしまい、曇っているので本来のボディーカラーを発色させる事が出来ずに起こる現象です。

良く雨の日は車が塗れてキレイに見えると言う現象と似てます。

さて、ここまでキレイに研磨する為にどのぐらい研磨作業を行ったのか測定してみます。すると、

a0141327_01480816.jpeg

研磨後の膜厚は239μ‼️

a0141327_01501161.jpeg
研磨前の数値が247μでしたので、研磨後の239μとの差は8μとなります。

約コピー用紙の1/10以下の研磨だけで、無駄に研磨を行わないで済んだ明確な根拠となります。

塗装と研磨作業を行う道具の相性が見つかったら、後はその都度場所でも状況が異なる為、柔軟に対応しながら研磨作業を行います。

研磨作業中はコンパウンドの粉が必ず舞ってしまう為、窓ガラスなど研磨作業を行わない場所はマスキングしておきます。


a0141327_01551717.jpeg

リヤバンパーとトランクの隙間の奥も研磨する為、トランク内部に埃が入らない様にビニールマスカーでマスキングして作業を行います。
a0141327_01564142.jpeg
グリルなど機械が入らない所は地道に手作業で研磨します。
a0141327_01580538.jpeg

研磨作業だけで、大袈裟に言うわけではありませんが、約2〜3日間掛けて丁寧に研磨して仕上げます。
研磨力の強いコンパウンドを使用すると、当然研磨作業は早くなりますが、それだけで10μ以上削ってしまう為、慎重に仕上がりを重視して研磨を行う為に時間が掛かりますが、その分仕上がりはなんとも言えない仕上がりになります‼️

研磨作業を終えたら、マスキングを全て外し、洗車してコンパウンドの粉を落としてコンパウンドの油分の脱脂も兼ねて業務用ケルヒャーの高圧スチーム洗浄機でしっかりと洗車を行い、その後脱脂剤で研磨剤をしっかりと除去してから、コーティング剤の定着を良くする為に専用密着プライマーを使用してコーティング剤を施工する準備を行います。

a0141327_02091158.jpeg


プライマーをしっかり塗って乾燥させてから、ボディーコーティング剤のceramic Pro 9hを施工していきます。
a0141327_02004571.jpeg

この道20年のベテランさんと一緒なので、息を合わせて最高な状況で作業が出来ます(^-^)v

専用のパネルを使用しながら、ムラを残さない様に均等に仕上げていきます。
a0141327_02124761.png

専用マイクロファイバーを使用しているので、抜群の仕上がりになります(^^)

a0141327_02134033.jpeg

仕上げ後も何度も何度も目視で確認します。

a0141327_02143858.jpeg

あ〜疲れたなぁ・・・と、途方に暮れているわけではなく、少し離れて確認したり、様々な角度で確認します。

a0141327_02150425.jpeg

コーティング施工作業だけでもジックリと慎重に作業する為、約3時間掛けて仕上げます。

時間を掛けてジックリと仕上げた甲斐もあり、完成した時の喜びは物凄く大きいです^_−☆

a0141327_02164789.jpeg

a0141327_02190907.jpeg

a0141327_02192634.jpeg

完成後、お客様が日中の明るい時間は仕事で来店出来ない為、明るい時にボディーの状況を明確に確認して頂く為に積載車に積んでお届けさせて頂く事になりました(^^)
外で確認しても傷もギラつきも一切無く、スッキリした仕上がりです♪

納車の時に完成した車と対面すると、お客様が感動したと言って頂ける事が1番嬉しいです(^^)

新車以上の仕上がりになるとは夢にも思わなかったと皆様絶賛して頂ける事が励みになります^_^

a0141327_02222581.jpeg


a0141327_02245519.jpeg

この度はバンパーの塗装修理とボディー研磨作業、ボディーコーティング施工作業をご依頼して頂きありがとう御座いましたm(_ _)m

a0141327_02265230.jpeg

# by kurumano119ban | 2019-03-30 02:50 | ボディーコーティング&メンテナンス
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31