人気ブログランキング |

車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ボディーコーティング&メンテナンス( 35 )

レクサス LS ceramic Pro 9H ボディーコーティング

a0141327_22150328.jpeg


フロントバンパー塗装修理のついでに、新たに塗装するバンパーに合わせて全体的にキレイにしたいとご要望が御座いましたので、今回のコーティングメニューのご案内です。

ボディー全面の洗車傷を可能な限り研磨作業を行い、新車以上の光沢と艶が出る鏡面ボディーに仕上げる為にプレミアム鏡面仕上げコースを選択されましたm(_ _)m

ボディーコーティングでも様々なボディーコーティングがあります。

例えば、新車や中古車でも、今のボディーコンディションを保つ為に汚れの付着防止や擦り傷が増えない為に保護をする目的であれば、研磨作業は不要となります。

新車でも研磨作業を行う事で新車以上の光沢と艶を求める方はプレミアム鏡面研磨作業が必ず必要となります。

中にはコーティング剤を塗ればキレイになると思う方もいらっしゃいますが、確かに艶はコーティング剤の種類でも異なりますが、艶は出ますが擦り傷や洗車傷が消えるわけでは御座いません。

傷は大袈裟な言い方かもしれませんが、研磨作業と言って削らないと100%なくなりません。

塗装修理も当然行いますが、深い傷は塗装、浅い傷は研磨する以外は、目の錯覚を利用した油分で誤魔化すぐらいしか方法は無いと思います(^_^;)

表面上の浅い傷は消する事が可能ですが、トップコートのクリアー塗装よりも下のぼて色のベース塗装まで達している場合は研磨作業を行っても傷は消えません。

キレイに研磨作業を行なって、傷が消えたらそのままで良い方はコーティング施工は不要ですが、せっかく傷がなくなってキレイにしたので、コーティング剤で傷防止と汚れの付着を防ぎ、長期間ボディーを傷や汚れから保護する目的がボディーコーティングの役割となります。

今回はせっかくプレミアム鏡面研磨を選択されたので、研磨作業後のボディーコーティングはSGSの認定品の正真正銘の硬度9Hの硬度でボディーを守ってくれるceramic Pro 9Hを施工する事になりました(^^)

a0141327_23393138.jpeg

a0141327_23415355.jpeg

実際にceramic Pro 9Hの製造工場に自ら足を運び、様々な試験も体感してきております。

最近良く出回っている紛い物とはまるっきり別物で、当然取扱いを行う為には大阪で実技、座学の講習を受講しなくては取扱資格の認定が取れません。

世界が認めた高度9Hのコーティングがceramic pro 9hです。

フロントバンパーは塗装修理を行いましたので、当然新車同様にキレイな状態ですが、それ以外のボディーには洗車傷が物凄く目立つ状態です。

a0141327_01111533.jpeg

機械洗車機で頻繁に洗車されていた為に、物凄く無数の傷がある状態です。

a0141327_01125892.jpeg

ボディー全体がこの様な状態です。

塗装を削らないコーティングとかも最近は耳にしますが、もし本当に研磨作業で削らないで傷が消えるのであれば目の前で見てみたいです笑

ここの作業場は1番傷が良く見えて誤魔化しが一切通用しない様に電球色のスポットライトを44個を様々な角度から照らしているので、見たくない傷がハッキリ見えてしまう程鮮明にわかります。

何度も言いますが、傷は研磨作業を行い、塗装のクリアーを削り、更に曇りが無い様にスッキリと最短で最高な状態にする事が1番キレイに仕上がり、塗装を無駄に薄くしないで済むので大切な事です。

研磨前には必ず塗装の膜厚を測定します。

a0141327_01283057.jpeg

測定数値は247μです。
コピー用紙2.5枚分の厚みで下地からトップコートのクリアーまでの厚みになります。

a0141327_01403293.jpeg

ボンネットを真ん中から左右に分けて毎回必ず膜厚測定を行ってからテスト研磨作業を行います。

この研磨作業前には既に傷の原因となる鉄粉は既に鉄粉除去ジェルを使用して除去してありますので、研磨してもボディーに付着している鉄粉が新たな傷を増やす事は無い状況にしてあります。

車は同じメーカーで、同じボディーカラーでも使用状況や保管状況で全て異なる為、1台1台全て傷の状況も何もかもが違う為に、1番最短でキレイに研磨出来るコンパウンドと、研磨バフ、ポリッシャーの組み合わせを経験を生かして試します。

今回はどのぐらい研磨して、どのコンパウンドとどのバフを使用してキレイになるのか試した結果は

a0141327_01415121.jpeg

まるで塗装したかの様に、いや、塗装以上の仕上がりになりました(^-^)v

当然全ての部分をこの磨き上げたボンネット同様に仕上げるのですが、元の状態がこの状態です。
a0141327_01442067.jpeg

右側が研磨作業後で、左側は元の状態です。
a0141327_01445449.jpeg

マスキングテープを剥がしても
a0141327_01454820.jpeg

左右で色の濃さまで違う事が確認出来ます。

これは塗装のトップコートのクリアー塗装が擦り傷で濁ってしまい、曇っているので本来のボディーカラーを発色させる事が出来ずに起こる現象です。

良く雨の日は車が塗れてキレイに見えると言う現象と似てます。

さて、ここまでキレイに研磨する為にどのぐらい研磨作業を行ったのか測定してみます。すると、

a0141327_01480816.jpeg

研磨後の膜厚は239μ‼️

a0141327_01501161.jpeg
研磨前の数値が247μでしたので、研磨後の239μとの差は8μとなります。

約コピー用紙の1/10以下の研磨だけで、無駄に研磨を行わないで済んだ明確な根拠となります。

塗装と研磨作業を行う道具の相性が見つかったら、後はその都度場所でも状況が異なる為、柔軟に対応しながら研磨作業を行います。

研磨作業中はコンパウンドの粉が必ず舞ってしまう為、窓ガラスなど研磨作業を行わない場所はマスキングしておきます。


a0141327_01551717.jpeg

リヤバンパーとトランクの隙間の奥も研磨する為、トランク内部に埃が入らない様にビニールマスカーでマスキングして作業を行います。
a0141327_01564142.jpeg
グリルなど機械が入らない所は地道に手作業で研磨します。
a0141327_01580538.jpeg

研磨作業だけで、大袈裟に言うわけではありませんが、約2〜3日間掛けて丁寧に研磨して仕上げます。
研磨力の強いコンパウンドを使用すると、当然研磨作業は早くなりますが、それだけで10μ以上削ってしまう為、慎重に仕上がりを重視して研磨を行う為に時間が掛かりますが、その分仕上がりはなんとも言えない仕上がりになります‼️

研磨作業を終えたら、マスキングを全て外し、洗車してコンパウンドの粉を落としてコンパウンドの油分の脱脂も兼ねて業務用ケルヒャーの高圧スチーム洗浄機でしっかりと洗車を行い、その後脱脂剤で研磨剤をしっかりと除去してから、コーティング剤の定着を良くする為に専用密着プライマーを使用してコーティング剤を施工する準備を行います。

a0141327_02091158.jpeg


プライマーをしっかり塗って乾燥させてから、ボディーコーティング剤のceramic Pro 9hを施工していきます。
a0141327_02004571.jpeg

この道20年のベテランさんと一緒なので、息を合わせて最高な状況で作業が出来ます(^-^)v

専用のパネルを使用しながら、ムラを残さない様に均等に仕上げていきます。
a0141327_02124761.png

専用マイクロファイバーを使用しているので、抜群の仕上がりになります(^^)

a0141327_02134033.jpeg

仕上げ後も何度も何度も目視で確認します。

a0141327_02143858.jpeg

あ〜疲れたなぁ・・・と、途方に暮れているわけではなく、少し離れて確認したり、様々な角度で確認します。

a0141327_02150425.jpeg

コーティング施工作業だけでもジックリと慎重に作業する為、約3時間掛けて仕上げます。

時間を掛けてジックリと仕上げた甲斐もあり、完成した時の喜びは物凄く大きいです^_−☆

a0141327_02164789.jpeg

a0141327_02190907.jpeg

a0141327_02192634.jpeg

完成後、お客様が日中の明るい時間は仕事で来店出来ない為、明るい時にボディーの状況を明確に確認して頂く為に積載車に積んでお届けさせて頂く事になりました(^^)
外で確認しても傷もギラつきも一切無く、スッキリした仕上がりです♪

納車の時に完成した車と対面すると、お客様が感動したと言って頂ける事が1番嬉しいです(^^)

新車以上の仕上がりになるとは夢にも思わなかったと皆様絶賛して頂ける事が励みになります^_^

a0141327_02222581.jpeg


a0141327_02245519.jpeg

この度はバンパーの塗装修理とボディー研磨作業、ボディーコーティング施工作業をご依頼して頂きありがとう御座いましたm(_ _)m

a0141327_02265230.jpeg

by kurumano119ban | 2019-03-30 02:50 | ボディーコーティング&メンテナンス

ボディー コーティング ceramic Pro 9H ベンツG63

新型G63 ceramic Pro 9H施工完了しました(^-^)

通常は国産車より塗装の皮膜が硬い為、磨く側は苦戦しますが、うちは輸入車が大得意ですので大歓迎です(^_−)−☆

コーティングでうちの会社を知った人はコーティング屋だと思うみたいですが、板金塗装が本業ですので塗装に関しては色々と経験しておりますので、経験を活かしお客様からご要望の多いボディーコーティングも始めましたm(_ _)m



a0141327_18095148.jpeg

ボディーコーティングと同時に紫外線カット&飛び石や擦り傷対策のヘッドライトプロテクションフィルムの施工もご依頼して頂きました♪(´ε` )

虫の付着や太陽の紫外線での黄ばみ防止にはこれが一番効果あります。今の車はペットボトルと同じ素材のポリカーボネート製ですので虫が付着して擦るとすぐ擦り傷が入ってしまい、悲しい事が起きてしまいます(T-T)

a0141327_18155109.jpeg


車種に合わせて専用データーでフィルムをカットしてから貼り付けるので見た目では分からない程の仕上がりです(^-^)v

a0141327_18312777.jpeg

めくっているのでヘッドライトプロテクションフィルムを貼っている事を確認出来ますが、張り合えると全く分からない仕上がりになります。

a0141327_18331556.jpeg

研磨する前と、鏡面になるまで磨き上げた塗装の膜厚も感覚だけではなく、明確な根拠を得る為に膜厚計測器で測定します。

a0141327_18334293.jpeg

輸入車の塗装の下地からトップコートのクリアーまでの膜厚が車種やメーカーで多少差はありますが大体180〜140ミクロン前後が多いです。このAMG. G63は研磨後でも143ミクロンあります。

国産車は140〜100ミクロンと輸入車に比べて薄く、塗装の皮膜も柔らかいです。


ミクロンと言われてもピンと来ないと思うので、1番分かりやすい目安がコピー用紙1枚の厚さが100ミクロンです。

a0141327_18483338.jpeg

鏡面研磨作業後は脱脂を兼ねて洗車してから、125度以上の温度で1日保管してしっかりと乾燥させます。

コーティング施工で重要な温度管理ですが、気温が低いとコーティング剤の定着が悪くなります。

簡単に説明すると、ウレタン塗料は人間の皮膚と同じだとイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。

気温が低いと塗装が縮まり、暖かいと伸びる。
縮まっている状態では、塗装にコーティング剤が入り込みづらく、暖かいとしっかりと染み込み定着してくれます。

更にceramic Proの場合は専用密着プライマーを使用しますので、他のコーティング剤とは比べ物にならない程持続性があります!


a0141327_19402552.jpeg
プライマーを全体にしっかりと塗り込み、乾燥させてからceramic Pro 9Hを施工します。

鏡状態な程、鏡面です♪(´ε` )

a0141327_19522037.jpeg


a0141327_19540149.jpeg

コーティングを施工したらヒーターを使用して熱かんそうさせます。

ヒーターも遠赤外線ヒーター、近赤外線ヒーター、カーボンヒーターと種類がありますが、僕は個人的にはコーティング剤は塗装と上の表面に皮膜を貼るので、遠赤外線ではなく、近赤外線ヒーターを使用しております。

カーボンヒーターだと発熱が強過ぎるので、近赤外線ヒーターでじっくりと乾燥させてます。
a0141327_19570306.jpeg


ヒーターで乾燥させると、光沢が更に増してテラッテラに輝きを放ちます(^-^)

a0141327_19575537.jpeg

磨きが得意な所は黒い塗装の車を誤魔化しなく仕上げれます。 うちは黒は効果が明確なので大歓迎です♪(´ε` )

ご希望があれば、追加でドア中もコーティング施工します。

a0141327_19595326.jpeg


普段開けないエンジンルームのカバーにも施工しておくと、軽く拭く程度で汚れを除去出来ます。

a0141327_20012237.jpeg

板金塗装、自動車整備、ボディーコーティング、車両販売と拘りをお持ちになるお客様のご要望にお答え出来る様に日々努力しておりますので、ディーラーさんや鏡面研磨しないでコーティング施工されて満足されてない方は大歓迎です^_−☆

a0141327_20014129.jpeg

ご用命ありがとう御座いました^_^

by kurumano119ban | 2019-02-09 18:09 | ボディーコーティング&メンテナンス

マツダ デミオ ceramic Pro 9H フルコース

帯広からお越し頂いたceramic Pro9Hで常連の伊藤さんの買い物車⁉️笑


新車ですが、やはり鏡面に磨き上げると新車で磨いてない車とは比べ物にならない光沢になります(^^)


a0141327_05460154.jpeg




ceramic Pro 9H、ceramic Pro rain を窓ガラス全てに施工。


a0141327_05463844.jpeg


ceramic Pro Light ボディー、ウィンドゥ、ホイール、エンジンルームのフルコール完了致しました(^^)


北海道はエンジンルームにも冬季間走行すると塩カルなどが入り込み腐食してしまうのと、樹脂カバーが白くボケてきてしまうのでエンジンルームにも世界最強のコーティングを施工しておく事で長期間光沢を保持できます。


オプションのフロントスポイラー横にはceramic Proを証明するエンブレムを取り付けさせて頂いきました^_−☆


a0141327_05465828.jpeg


バイクのBMWからハイエースなどこれで伊藤さまからのご入庫が5台目です(*^^*)


a0141327_05472640.jpeg


a0141327_05474780.jpeg


a0141327_05481554.jpeg


いつもご用命ありがとう御座いますm(_ _)m


by kurumano119ban | 2018-07-09 05:44 | ボディーコーティング&メンテナンス

マセラティ グランツーリスモMCスポーツ ヘッドライトプロテクション

北海道は大自然なので、これからの季節は特に虫の付着が多くなるのでヘッドライトプロテクションフィルムの依頼が増えて来る季節です^_−☆

飛び石でフロントバンパーの塗装が剥げてしまったので、フロントバンパー塗装修理&貼るプロテクションフィルムではなく塗装するプロテクションフィルム フェニックス スクラッチガードの塗装とボディーコーティング ceramic Pro 9H コーティングの施工作業をご依頼頂きましたm(_ _)m

ボディーコーティングも施工しますので、今回はヘッドライトプロテクションフィルムを施工後にもう一度洗車するのでマスキングは行わずに作業して、プロテクションフィルム施工後に再度洗車して施工液を流します。

a0141327_00523925.jpeg

北海道では恐らくこのボディーカラーのグランツーリスモは1台だけではないでしょうか?

限定カラーのキャンディーレッドで物凄い鮮やかです(^-^)
いつもと同じくヘッドライトを十分キレイに洗浄してからヘッドライトプロテクションフィルムを施工します。

a0141327_00550741.jpeg

プロテクションフィルム施工液を抜きながら、少しずつ伸ばしながら貼り付けていきます。

a0141327_00562631.jpeg

貼り終えると、ヘッドライトを手で触らないとフィルムが貼ってあるか分からない程の仕上がりになります。

今回は更にドアのアウターハンドルの内側にも爪で傷が入りやすいので、アウターハンドルの内側にも施工致しました。

a0141327_00580273.jpeg

写真では分かりづらい程、違和感無く仕上がっております。

湾曲しているのでシワが入らない様に工夫しながら貼り付けていきます。

a0141327_00592780.jpeg

これでヘッドライトの飛び石と虫の付着の心配とドアのアウターハンドル内側の傷の心配はなくなりました(^-^)
明日からはタイヤから飛び石でボディーに傷が付かない様に飛び石防止のストーンガードをタイヤハウスに施工してからボディーを鏡面に磨き上げてからceramic Pro 9Hを施工していきます。

御用命ありがとう御座いました😊

by kurumano119ban | 2018-06-06 00:46 | ボディーコーティング&メンテナンス

ランボルギーニ LP610 ウラカン ceramic Pro 9H^_−☆

本日は春に向けてランボルギーニ LP610が入庫致しました^_−☆

先ずは洗車を行い、ボディーのコンディションを隅々まで確認しながら作業チェックシートに記入します。

ボディーは全て3D曲面なので、場所に合わせて様々なポリッシャーを使用して研磨作業を行い、洗車から研磨作業までで約3日掛けて慎重に丁寧に磨き上げます。



a0141327_04155069.jpeg

a0141327_04182581.jpeg

洗車を終えたら、研磨作業中にコンパウンドの粉などが隙間に入り込まない様に念入りにマスキングを行います。

a0141327_04194731.jpeg

a0141327_04202165.jpeg


a0141327_04210131.jpeg

a0141327_04204686.jpeg

a0141327_04220982.jpeg
リヤのエンジンフードの隙間も研磨作業を行わない部分は全てマスキングで保護します。

a0141327_04223560.jpeg

研磨作業工程は企業秘密なので笑

いきなり完成写真です笑

a0141327_04234293.jpeg

a0141327_04241158.jpeg

a0141327_04244230.jpeg

a0141327_04250102.jpeg

隅々までしっかりceramic Pro 9Hを施工して、遠赤ヒーターで乾燥させてます^_−☆

新車を超えた究極の耐擦と鏡面ボディーのスーパーカーが完成しましたv(^_^v)♪

御用命あり

by kurumano119ban | 2018-02-22 04:14 | ボディーコーティング&メンテナンス

フェラーリ GTC4 LUSSO T. ceramic Pro 9H施工

前回のフェラーリに続いてお次はフェラーリ GTC4 LUSSO T. を施工します^_−☆

このフェラーリもソリッドブラックなので時間を掛けて丁寧に鏡面に磨き上げてから施工します^_−☆

コーティングの8割はほとんど磨き作業と仕上がりは下処理の研磨作業で全て左右されるので妥協せず丁寧に磨き上げます。

a0141327_04431035.jpeg

a0141327_04433279.jpeg

差し入れを頂いたのでありがたく飲ませて頂きながら頑張りますv(^_^v)♪

a0141327_04440452.jpeg

a0141327_04450570.jpeg

a0141327_04454154.jpeg

研磨作業を終えて、ceramic Pro 9Hを施工すると、物凄い光沢になりますv(^_^v)♪

a0141327_04465049.jpeg

a0141327_04474786.jpeg

このフェラーリもモーターショーに出す車両なので、会場で移動中に付着したホコリを会場で最終仕上げ作業を行います。

a0141327_04485400.jpeg

移動中に汚れが付着しない様に、フェラーリのメカニックさんが特殊ボディー保護ファルムで保護してくれたお陰でほとんど汚れが付着する事なく搬入出来たので助かりましたv(^_^v)♪

a0141327_04492656.jpeg

最後はceramic Pro 中標津店の中井さんと記念撮影^_−☆

a0141327_04513212.jpeg

御用命ありがとう御座いましたm(_ _)m

by kurumano119ban | 2018-01-19 04:39 | ボディーコーティング&メンテナンス

フェラーリ 812 スーパーファスト ceramic Pro 9H^_−☆札幌モータショー2018

日本にもまだ入庫台数の少ないフェラーリ 812 スーパーファストを今回は施工します。

フェラーリ最強のV12気筒エンジンで800馬力のモンスターです^_−☆

個人的には488とかのターボより甲高いNAサウンドが大好きなので、排気音から奏でるサウンドはたまりません♪

a0141327_03581445.jpeg

今回はこのフェラーリ 812 スーパーファストの他にフェラーリがもう1台、マセラティ2台、フィアット2台、ジープ2台などが順番を控えているのでceramic Pro 中標津店のカーコートケンゾーさんにヘルプで来て頂きました^_−☆

a0141327_04044723.jpeg



a0141327_04051093.jpeg

a0141327_04053760.jpeg

a0141327_04073583.jpeg
ホイールとキャリパーはリフトで上げて取り外してホイールの裏側にもコーティングを施工します。

カーボンブレーキローターでも500度以上のブレーキダストが付着するので耐火温度750度まで耐えれるceramic Pro 9Hを施工しておけば汚れを最小限まで抑えれて、洗車も軽くなぜる程度でダストが取れます^_−☆

絶対キャリパーとホイールの裏側にも施工をお勧め致します(^ ^)

a0141327_04113146.jpeg

a0141327_04115166.jpeg

オプションのイエローキャリパーもテラッテラに輝いてます(^^)

a0141327_04125106.jpeg

リヤバンパー下側のデュフェイサー部分も念入りに研磨作業を行い、ボディー同様鏡面仕上げにしてからceramic Pro 9Hを施工します。

a0141327_04142195.jpeg

全ての作業を終えて5日程掛かりましたが完成^_−☆

a0141327_04151954.jpeg

a0141327_04154272.jpeg

ソリッドカラーなので深みが出てフェラーリが物凄くカッコいい‼️v(^_^v)♪

6.5リッターのバケモノエンジン‼️
a0141327_04170901.jpeg

無事に作業を全て終えたので、通常であればこのまま納車して終わりなのですが、実は2年に1度開催されるモーターショーに出す車両なので、会場に搬入してから更に念入りに仕上げます^_−☆

a0141327_04192896.jpeg

a0141327_04195073.jpeg

無事に展示会場で作業を終えて中井さんとフェラーリのツーショットv(^_^v)♪

a0141327_04202941.jpeg

お手伝いして頂いた皆様ありがとう御座いました^_^

by kurumano119ban | 2018-01-18 03:54 | ボディーコーティング&メンテナンス

マセラティ グランツーリスモ グランカブリオ ceramic Pro 9H施工

お陰様で北海道のスーパーカーをかれこれ30台以上ceramic Pro9Hを施工させて頂いておりますm(_ _)m

日々更に良い技術とコーティングをご提供させて頂ける様にオタク振りを発揮しながら研究させて頂いております笑

今回は北海道は積雪シーズンですが、ホロでオープンカーになるマセラティ グランツーリスモ グランカブリオにceramic Proを施工させて頂きます。

新車のカバーが掛かったままだと覆面レスラーみたいです笑

a0141327_15123850.jpeg

カバーを外して

a0141327_15132706.jpeg

鮮やかなブルー^_−☆

ホロなので屋根のホロも研磨作業中のゴミが付着しない様に念入りにマスキングします。

a0141327_15143612.jpeg

a0141327_15150580.jpeg

a0141327_15152213.jpeg

a0141327_15153729.jpeg

a0141327_15155073.jpeg

カーボンパーツも鏡面に磨き上げるので、研磨しない部分はマスキングします。

a0141327_15163862.jpeg

a0141327_15165813.jpeg

マスキングと外装点検で2時間以上掛かりますが、これが物凄く重要なので慎重にマスキング作業を行いながら外装の塗装の状態を把握しながら塗膜計測器で塗装の厚みを測定しながら把握していきます。

うちは板金塗装も行っているので、マセラティのグランツーリスモやフェラーリの様にPPGの塗装で職人が1台1台塗装して仕上げた物を更に良くなる様に丁寧に研磨していきます。

a0141327_15195777.jpeg

細かい小傷を見逃さずに、企業秘密ポリッシャーとコンパウンドを使用して仕上げていきます。

完成後またアップしますので宜しくお願いしますm(_ _)m

御用命に感謝致します^_^



by kurumano119ban | 2017-12-19 03:23 | ボディーコーティング&メンテナンス

アウディ RS5 ceramic Pro 9H 施工

アウディRS5 ceramic Pro9H施工の為に入庫しました♪(v^_^)v

今回も普段通り念入りにマスキングを行います。

a0141327_15240640.jpeg

エンジンルームにも研磨中のゴミが入らない様にマスキングします。

a0141327_15242651.jpeg

エンジンルームのエンジンカバーがカーボンでしたのでここにもコーティング

a0141327_15245112.jpeg
アウディはグリルが細かいのですが、手作業で1つ1つ丁寧に仕上げております。


a0141327_15250384.jpeg

フロントバンパーのカーボンパーツも鏡面に磨き上げてからコーティングを施工しております。

a0141327_15251691.jpeg

シルバーは光らないと良くお聞き致しますが、鏡面に磨き上げてからceramic Pro 9Hを施工すると、不気味な程鏡面ボディーが輝いてくれます。

a0141327_15253066.jpeg

新車に施工させて頂きましたのでこれからの積雪シーズンでも汚れの付着を防げて綺麗に保てます。
ホイールとブレーキキャリパーにも施工しておりますので輸入車で多い足周りのブレーキダストでの汚れも軽減出来ます^_−☆

フロントガラスには撥水剤のceramic Pro rainを施工させて頂きました♪(v^_^)v

御用命ありがとう御座いました^_^

by kurumano119ban | 2017-12-17 04:35 | ボディーコーティング&メンテナンス

フェラーリ GTC4 LUSSO T. ceramic Pro 9H施工

フェラーリ GTC4 LUSSO T ceramic Pro 9H 施工完了しました^_^

詳細は後ほどアップしますσ(^_^;)

a0141327_15351123.jpeg


a0141327_15361642.jpeg



a0141327_15363284.jpeg

a0141327_15365227.jpeg

by kurumano119ban | 2017-12-07 02:33 | ボディーコーティング&メンテナンス
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30