人気ブログランキング |

車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

タグ:♯札幌コーティング ( 16 ) タグの人気記事

レクサス LS ceramic Pro 9H ボディーコーティング

a0141327_22150328.jpeg


フロントバンパー塗装修理のついでに、新たに塗装するバンパーに合わせて全体的にキレイにしたいとご要望が御座いましたので、今回のコーティングメニューのご案内です。

ボディー全面の洗車傷を可能な限り研磨作業を行い、新車以上の光沢と艶が出る鏡面ボディーに仕上げる為にプレミアム鏡面仕上げコースを選択されましたm(_ _)m

ボディーコーティングでも様々なボディーコーティングがあります。

例えば、新車や中古車でも、今のボディーコンディションを保つ為に汚れの付着防止や擦り傷が増えない為に保護をする目的であれば、研磨作業は不要となります。

新車でも研磨作業を行う事で新車以上の光沢と艶を求める方はプレミアム鏡面研磨作業が必ず必要となります。

中にはコーティング剤を塗ればキレイになると思う方もいらっしゃいますが、確かに艶はコーティング剤の種類でも異なりますが、艶は出ますが擦り傷や洗車傷が消えるわけでは御座いません。

傷は大袈裟な言い方かもしれませんが、研磨作業と言って削らないと100%なくなりません。

塗装修理も当然行いますが、深い傷は塗装、浅い傷は研磨する以外は、目の錯覚を利用した油分で誤魔化すぐらいしか方法は無いと思います(^_^;)

表面上の浅い傷は消する事が可能ですが、トップコートのクリアー塗装よりも下のぼて色のベース塗装まで達している場合は研磨作業を行っても傷は消えません。

キレイに研磨作業を行なって、傷が消えたらそのままで良い方はコーティング施工は不要ですが、せっかく傷がなくなってキレイにしたので、コーティング剤で傷防止と汚れの付着を防ぎ、長期間ボディーを傷や汚れから保護する目的がボディーコーティングの役割となります。

今回はせっかくプレミアム鏡面研磨を選択されたので、研磨作業後のボディーコーティングはSGSの認定品の正真正銘の硬度9Hの硬度でボディーを守ってくれるceramic Pro 9Hを施工する事になりました(^^)

a0141327_23393138.jpeg

a0141327_23415355.jpeg

実際にceramic Pro 9Hの製造工場に自ら足を運び、様々な試験も体感してきております。

最近良く出回っている紛い物とはまるっきり別物で、当然取扱いを行う為には大阪で実技、座学の講習を受講しなくては取扱資格の認定が取れません。

世界が認めた高度9Hのコーティングがceramic pro 9hです。

フロントバンパーは塗装修理を行いましたので、当然新車同様にキレイな状態ですが、それ以外のボディーには洗車傷が物凄く目立つ状態です。

a0141327_01111533.jpeg

機械洗車機で頻繁に洗車されていた為に、物凄く無数の傷がある状態です。

a0141327_01125892.jpeg

ボディー全体がこの様な状態です。

塗装を削らないコーティングとかも最近は耳にしますが、もし本当に研磨作業で削らないで傷が消えるのであれば目の前で見てみたいです笑

ここの作業場は1番傷が良く見えて誤魔化しが一切通用しない様に電球色のスポットライトを44個を様々な角度から照らしているので、見たくない傷がハッキリ見えてしまう程鮮明にわかります。

何度も言いますが、傷は研磨作業を行い、塗装のクリアーを削り、更に曇りが無い様にスッキリと最短で最高な状態にする事が1番キレイに仕上がり、塗装を無駄に薄くしないで済むので大切な事です。

研磨前には必ず塗装の膜厚を測定します。

a0141327_01283057.jpeg

測定数値は247μです。
コピー用紙2.5枚分の厚みで下地からトップコートのクリアーまでの厚みになります。

a0141327_01403293.jpeg

ボンネットを真ん中から左右に分けて毎回必ず膜厚測定を行ってからテスト研磨作業を行います。

この研磨作業前には既に傷の原因となる鉄粉は既に鉄粉除去ジェルを使用して除去してありますので、研磨してもボディーに付着している鉄粉が新たな傷を増やす事は無い状況にしてあります。

車は同じメーカーで、同じボディーカラーでも使用状況や保管状況で全て異なる為、1台1台全て傷の状況も何もかもが違う為に、1番最短でキレイに研磨出来るコンパウンドと、研磨バフ、ポリッシャーの組み合わせを経験を生かして試します。

今回はどのぐらい研磨して、どのコンパウンドとどのバフを使用してキレイになるのか試した結果は

a0141327_01415121.jpeg

まるで塗装したかの様に、いや、塗装以上の仕上がりになりました(^-^)v

当然全ての部分をこの磨き上げたボンネット同様に仕上げるのですが、元の状態がこの状態です。
a0141327_01442067.jpeg

右側が研磨作業後で、左側は元の状態です。
a0141327_01445449.jpeg

マスキングテープを剥がしても
a0141327_01454820.jpeg

左右で色の濃さまで違う事が確認出来ます。

これは塗装のトップコートのクリアー塗装が擦り傷で濁ってしまい、曇っているので本来のボディーカラーを発色させる事が出来ずに起こる現象です。

良く雨の日は車が塗れてキレイに見えると言う現象と似てます。

さて、ここまでキレイに研磨する為にどのぐらい研磨作業を行ったのか測定してみます。すると、

a0141327_01480816.jpeg

研磨後の膜厚は239μ‼️

a0141327_01501161.jpeg
研磨前の数値が247μでしたので、研磨後の239μとの差は8μとなります。

約コピー用紙の1/10以下の研磨だけで、無駄に研磨を行わないで済んだ明確な根拠となります。

塗装と研磨作業を行う道具の相性が見つかったら、後はその都度場所でも状況が異なる為、柔軟に対応しながら研磨作業を行います。

研磨作業中はコンパウンドの粉が必ず舞ってしまう為、窓ガラスなど研磨作業を行わない場所はマスキングしておきます。


a0141327_01551717.jpeg

リヤバンパーとトランクの隙間の奥も研磨する為、トランク内部に埃が入らない様にビニールマスカーでマスキングして作業を行います。
a0141327_01564142.jpeg
グリルなど機械が入らない所は地道に手作業で研磨します。
a0141327_01580538.jpeg

研磨作業だけで、大袈裟に言うわけではありませんが、約2〜3日間掛けて丁寧に研磨して仕上げます。
研磨力の強いコンパウンドを使用すると、当然研磨作業は早くなりますが、それだけで10μ以上削ってしまう為、慎重に仕上がりを重視して研磨を行う為に時間が掛かりますが、その分仕上がりはなんとも言えない仕上がりになります‼️

研磨作業を終えたら、マスキングを全て外し、洗車してコンパウンドの粉を落としてコンパウンドの油分の脱脂も兼ねて業務用ケルヒャーの高圧スチーム洗浄機でしっかりと洗車を行い、その後脱脂剤で研磨剤をしっかりと除去してから、コーティング剤の定着を良くする為に専用密着プライマーを使用してコーティング剤を施工する準備を行います。

a0141327_02091158.jpeg


プライマーをしっかり塗って乾燥させてから、ボディーコーティング剤のceramic Pro 9hを施工していきます。
a0141327_02004571.jpeg

この道20年のベテランさんと一緒なので、息を合わせて最高な状況で作業が出来ます(^-^)v

専用のパネルを使用しながら、ムラを残さない様に均等に仕上げていきます。
a0141327_02124761.png

専用マイクロファイバーを使用しているので、抜群の仕上がりになります(^^)

a0141327_02134033.jpeg

仕上げ後も何度も何度も目視で確認します。

a0141327_02143858.jpeg

あ〜疲れたなぁ・・・と、途方に暮れているわけではなく、少し離れて確認したり、様々な角度で確認します。

a0141327_02150425.jpeg

コーティング施工作業だけでもジックリと慎重に作業する為、約3時間掛けて仕上げます。

時間を掛けてジックリと仕上げた甲斐もあり、完成した時の喜びは物凄く大きいです^_−☆

a0141327_02164789.jpeg

a0141327_02190907.jpeg

a0141327_02192634.jpeg

完成後、お客様が日中の明るい時間は仕事で来店出来ない為、明るい時にボディーの状況を明確に確認して頂く為に積載車に積んでお届けさせて頂く事になりました(^^)
外で確認しても傷もギラつきも一切無く、スッキリした仕上がりです♪

納車の時に完成した車と対面すると、お客様が感動したと言って頂ける事が1番嬉しいです(^^)

新車以上の仕上がりになるとは夢にも思わなかったと皆様絶賛して頂ける事が励みになります^_^

a0141327_02222581.jpeg


a0141327_02245519.jpeg

この度はバンパーの塗装修理とボディー研磨作業、ボディーコーティング施工作業をご依頼して頂きありがとう御座いましたm(_ _)m

a0141327_02265230.jpeg

by kurumano119ban | 2019-03-30 02:50 | ボディーコーティング&メンテナンス

ボディーコーティング ceramic Pro 9H ハスラー

今回はとても可愛いハスラーが入庫致しました(^^)

良くスーパーカーや高級車以外でもコーティング施工してもらえますか?と聞かれますが、弊社の感覚ではどんな車も鉄板の上に塗装がされていて、ボディー形状が違うだけなのでこの車はうちはやらないとかは一切ありません笑

所有者様がスーパーカーだと言えばどんな車でもスーパーカーなのです。

私が所有している20歳の頃に購入した13シルビアはまだ私の中ではスーパーカーです笑

今回ご入庫して頂いたハスラーの所有者様は、札幌の車業界では知らない人はほとんど居ないと言われる程、皆様も、特にうちはかなりお世話になっている方です(^^)

ジムニーをメインとして扱っておりますが、娘さんが新たに購入した新型ジムニーと交換して‼️と言われて交換した為、新たな通勤スペシャル号がこの車になったそうです ^_−☆

a0141327_06112746.jpeg


物凄く可愛い笑

このハスラーの所有者様は、18年程前にうちの会社が開業して間もない時に良く溶接機を使わせてもらいに通って大変お世話になった大先輩です。

頻繁に溶接機を借りに行くうちに、突然電話をくれて、僕に立派な溶接機を開業祝いだと突然プレゼントしてくれた事を今でもとても良く覚えてます(^^)

そんなお世話になった方へ、成長した私の成果を活かして恩返し出来る時が来たので成長の成果を見て頂けるチャンスです(^_-)

新車で購入されてから、ずっとガソリンスタンドの機械洗車機に入れていた状態なので、物凄い傷だらけです。

a0141327_06172198.jpeg

今回はパールもメタリックも入って居ないソリッドカラーですので、誤魔化しは一切通用しません。

例え油分の多傷消し材を使用して誤魔化したとしても、根本的にスクラッチ傷を研磨して除去していないので、数ヶ月でまだ元の状態に戻ってしまいます。

研磨とは削る事です!

覚えておいて下さい。

傷は削らないと100%無くなりません‼️
傷に何かを塗って埋める事は目の錯覚を利用した誤魔化しになります。

魔法でも無い限り、何かを塗るだで、コーティング剤を塗るだけで根本的に傷は絶対一生消えません笑

うちはソリッドカラーが大得意なので、いつも通り、試し磨きをして自分好みに研磨剤を調合して小手調べを行います。

なぜ得意なのかは簡単で、ソリッドカラーの方が傷が消えた状態が明確な為、傷が消えるまで根気良く作業するだけです笑

車の塗装で同じ状況はまずほとんど無いと思ってます。

保管状況や使用状況が全く同じと言う事はほとんど無く、必ず個体差がある為一台一台状況が違います。

a0141327_06211981.jpeg

ソリッドカラーを極めてこそ、プロ中のプロだと僕は思います。  
パールホワイトやシルバーは傷が目立ちにくいのである程度でもキレイに見えてしまいますが、ソリッドカラーを得意とするお店を選ぶ事をお勧め致します。

うちは板金塗装も行なっているのですが、良く他の業者さんで聞く言葉に疑問を抱きます(; ̄ェ ̄)

板金屋塗装屋では1番誤魔化しが通用しないソリッドカラーを塗装後に磨き傷が残っている場合を良く目にしますが、うちはコーティング屋ではないから元の状態に近づけるだけと言い、ザっとしか磨かない・・・

コーティングで磨く人ははうちは板金屋塗装屋では無いので、深い傷取りまではしませんと・・・

出来ない理由を考えれば、もっともらいし様に表して仕舞えばそれまでなのですが(°_°)

ですが、何度も言いますが、研磨作業で塗装のクリアーを削らないとと傷は絶対に一生消えません。

傷の深さでも異なりますが、傷の深い所に全体を合わせる事で、傷で凹み部分の凹凸を平らにする事で傷が完全になくなります。

削り過ぎると当然塗装が剥がれてしまいますが、僕はほとんど10ミクロン居ないで傷を消せている事も事実です。

コピー用紙が100ミクロンなので、コピー用紙の1/10で傷を研磨して除去する事はかなり経験が必要ですが、不可能な事では御座いません。

同じ10ミクロン研磨しても当然キレイな場合とそうでないと場合もあります。

理想は最短で、最も削らず、傷を消してキレイに磨き上げる事です!

ご予算に合わせて、予算が無いので軽いツヤ出し程度でとか、鉄粉取りと水垢取りをメインで予算重視とかならまだ分かりますが、携帯電話のLEDライトや丸い電気を照らして見ると傷の状況が良く見えますので1度試してみて下さい笑


うちは1番誤魔化しが通用しない電球色カラーの証明を使用して傷を明確にしておりますので誤魔化しは一切通用しません。

このハスラーも写真でハッキリと分かる程、思いっきり良く傷が見えます^_−☆

磨きと言っても車の状態で当然異なりますが、基本的なコースとしては、磨く前にウォータースポットの除去作業と鉄粉除去作業は必要になりますが、

ライトポリッシュはウレタンバフを使用して、艶出し、浅いスクラッチ傷の除去研磨作業になります。

ミドルポリッシュはライトポリッシュ前に、ウールバフを使用して、ライトポリッシュ時のウレタンバフでは除去出来ない傷を除去する作業になります。

鏡面ポリッシュコースはミドルポリッシュより更に磨き込み、ウールバフを数種類使用して、ウレタンバフと超微粒子コンパウンドで仕上げ、塗装の膜厚を測定器を使用しなから塗装の表面を鏡面まで磨き上げるスペシャルコースです。

中古車の場合は上記作業前に必ず水垢のウォータースポット除去作業と鉄粉除去作業が必要となります。

新車でも目立たないだけで、必ず無いとは言い切れません。

ちなみに札幌モーターショーの時にうちで作業させて頂いたランボルギーニのウラカンとランボルギーニのアヴェンタドールは鏡面ポリッシュ仕上げにしております。

写真に写っている男らしい背中は札幌ではうち以外で唯一CERAMIC PRO 9Hの取扱い認定を取得したカービューティープロ札幌ドーム前店の近江谷社長にもお手伝いをして頂きましたm(__)m

近江谷社長はR34GT-Rでサーキット走行仲間でもあるので安心してお手伝いをして頂けました♪

使用しているコンパウンドバフもCERAMIC PRO 施工店のみが入手可能な特殊コンパウンドを使用して仕上げております。

a0141327_14252574.jpeg

鏡面ポリッシュで仕上げると、遠くからでも一目で輝きの放ち方が違う事が一目瞭然です。

a0141327_14264954.jpeg



今回ご入庫して頂いた可愛いハスラーの持ち主さんですが、このステッカーでピンとわかった人はかなりいるはずです笑

a0141327_06520001.jpeg

マフラーで有名なファクトリーショップ風さんの社長の通勤スペシャル号です笑

a0141327_19355303.jpeg

この可愛いハスラーで通勤している姿を見たら、みんな手を振ってあげて下さい笑

今回は風の社長さんが、ボディーに関してはプロに任せるとご依頼して頂いたので、今回のメニューは

ボディーの鉄粉除去、

ウォータースポット除去作業、

ボディーコーティング CERAMIC PRO 9H

ボディートップコート 超撥水施工 CRAMIC PRO LIGHT

エンジンルームの洗浄、足廻り、

車体下廻りスチーム洗浄、

窓ガラスの水垢ウォータースポット研磨除去作業、

窓ガラスの撥水コーティング CRAMIC PRO RAIN

ヘッドライト黄ばみ除去、

ヘッドライト黄ばみ防止自己修復プロテクションフィルム、

ドアアウターハンドルの傷防止の自己修復フィンガープロテクションフィルム、

乗車時に靴で結果傷を付けてしまうサイドステップ部分のロッカーパネルに自己修復プロテクションフィルムを施工させて頂く事に決まりました♪( ´▽`)


早速洗車をしてから、鉄粉除去作業を行いますが、鉄粉除去粘土を使用したり、鉄粉除去パッドを使用するとボディーから取れた鉄粉でまた別な場所に新たな傷を付けてしまう為に、材料費が掛かっても地道に液体の鉄粉除去剤で溶かして除去してます。

ボディーに刺さった奥までしっかりと溶かす為に、丸一日掛かる場合もありますが、後々の仕上がりや無駄に傷を増やさない事を考慮すると、地道に液体除去剤で溶かした方がボディーに優しくて塗装を傷めずに済みます。

ドアミラーに付着した鉄粉が徐々に溶けて、化学反応を起こして紫色になってきてます。

a0141327_06431622.jpeg

時間の経過と共に徐々に鉄粉が溶けている事が目視で確認出来ます(^_-)

a0141327_06494063.jpeg

パッと見はキレイな白色に見えるドアミラーも、専用の鉄粉除去剤に反応して鉄粉の付着状況が明確になります(^_-)

ボディーも同様で

a0141327_07142354.jpeg

どんどん鉄粉が溶けて紫色に変色していきます。

a0141327_07314384.jpeg

後ろは特に巻き上げるので、物凄い鉄粉が付着してます。

a0141327_07413479.jpeg

見た目では酷ぐ無い様に見えますが、鉄粉除去剤を塗ると物凄く酷い状況が分かりますが、鉄粉を全て除去したらツルツルでとても気持ち良く、光沢も復元してきます。

a0141327_07374582.jpeg


a0141327_07380450.jpeg

ルーフの後ろ側にも鉄粉が物凄く付着し易い場所です。

a0141327_07401944.jpeg


a0141327_07411548.jpeg


ボディー全体にしっかりと鉄粉除去剤を塗り込み、溶けてはまた除去剤を塗って、3回ぐらい繰り返したら1度洗車して洗い流してから、また再度鉄粉が完全になくなるまで繰り返し作業するので、重度の場合は丸一日以上掛かる場合もあります。

ここでしっかりと鉄粉を除去しておかないと、はボディーの傷を研磨する際に、削り取れた鉄粉が研磨作業の時にバフに噛み込み、ローリングスクラッチ現象を起こしてしまい自爆してしまいます(⌒-⌒; )

a0141327_08035709.jpeg

鉄粉除去剤を洗い流す時もうちはボイラー付き業務用ケルヒャースチーム洗車機を使用して100度の熱湯で洗い流します。

エンジンルームの汚れももちろんキレイに洗浄します。

a0141327_15203830.jpeg

食事した食器も水で洗うよりはお湯で洗う方が汚が浮き上がり取れ易いのと同じです。

僕の先輩のプロフェッショナルな会社は軟水機を使用して、軟水で洗車する程気合い入れている所もあるぐらいなので、たかが洗車ですが、されど洗車です。

研磨作業する時は研磨作業を行わない場所はマスキングしてコンパウンドの磨き終えた粉が付着しない様にし、樹脂の部分も研磨してしまうと変なテカリが出てしまうのでマスキングして保護しておきます。


a0141327_08130963.jpeg


a0141327_15095631.jpeg


a0141327_15102845.jpeg



この道20年のベテランの職人でも毎回慎重にマスキング作業を行います。

a0141327_15114256.jpeg


マスキングが終えたら、このハスラーと相性の良いコンパウンドがどれかを手探りで探します。

この研磨作業前の状態から

a0141327_15133585.jpeg

a0141327_15153434.jpeg


a0141327_15162593.jpeg

作業後のこの状態になるまで、地道に気長に研磨作業を行います。

削らないと100%ここまで仕上がりません。

削らないで埋めてキレイにすると言う人もおりますが、塗装とコーティングの両方をやる私の個人的主観では、何度も言いますが、削る研磨作業を行わないと物理的に不可能な事です。

a0141327_15174390.jpeg

ルーフサイドも、ドアバイザーも同時に鏡面に磨き上げていきます。

a0141327_15192493.jpeg


ヘッドライトの黄ばみ防止と飛び石で傷が付いたり、虫が付着して虫のタンパク質で発生する黄ばみを防止する為にヘッドライトプロテクションフィルムを施工します。

近年の車のほとんどがペットボトルと同じ素材のポリカーボネート製なので、少し擦るぐらいで傷が入り、傷から新車の時に保護されている保護剤が取れてしまい、どんどん黄ばみ、光量が落ちて車検に通検しない場合もあります。

a0141327_13412749.jpeg

うちで貼るプロテクションフィルムは表面にハードコート&熱で自己修復する200ミクロン(100ミクロンコピー用紙1枚分)のフィルムを貼っております。

貼った後はライトのフチを指で触って段差を確認しない限り気付かない程、自然な感じに仕上がります(^^)

a0141327_13503079.jpeg


丸みが多い形状ですが、シワが残らない様に処理しております。

a0141327_13504858.jpeg

車に乗る時に必ず触るドアのアウターハンドル部分にも、爪で傷が付きやすい為プロテクションフィルムで保護して傷を防止します。

カットしたフィルムを専用の施工液をたっぷり掛けてから気泡が残らない様に、シワが残らない様に貼っていきます。

a0141327_13553005.jpeg
曲面に最後に必ずシワが残るのですが、根気良く貼り付けて・・・・

a0141327_13554945.jpeg

完成!!1
光沢もあり、自然な感じに仕上がるこのフィルムもヘッドライト同様に自己修復するタイプですので、傷が目立ちにくく自然な仕上がりになります。



a0141327_13532055.jpeg

運転席、運転席後ろ、助手席、助手席後ろとドア全てに施工いたしました(^_-)

お次は、必ずと言って良い程擦り傷だらけになる乗車時に靴の底で擦り傷だらけになるサイドステップのロッカーパネル部分にもプロテクションフィルムを施工します!

a0141327_19232751.jpeg
ここも貼り付ける前にアルコールでしっかりと脱脂を行い、それから剥がれない様に密着プライマーをしっかりと塗ってから施工液をたっぷりと掛けてから貼り付けていきます。
a0141327_19244997.jpeg
後ろ側はドア同様に曲面があるので気泡が残らない様に少しずつ張り付けていきます。

a0141327_19251575.jpeg


a0141327_19253822.jpeg


a0141327_19260498.jpeg
写真を拡大しないとわからないぐらい自然な感じに仕上がります。
a0141327_19262673.jpeg
曲面のある後ろ側も綺麗に仕上がりました!

ロッカーパネルのプロテクションフィルムも運転席、運転席後ろ、助手席、助手席後ろと乗車する部分全てに施工致しました(*^_^*)
a0141327_19264939.jpeg

プロテクションフィルムの施工を全て終えてから、洗車を再度行い、アルコールでボディーに残っているコンパウンドをしっかりと除去してから、強力な密着には欠かせないceramic Pro 専用primerを施工してから、ceramic Pro 9Hとトップコートのceramic Pro Lightを施工していきます。

a0141327_19472381.jpeg



どうですか‼️この輝き‼️‼️

最初の傷だらけとは全く別の車になりました(^^)
半年毎か、1年に1度スタンダードメンテナンス以外のコーティングメンテナンスを行う場合は、半永久に持続します。

なぜなら、元のコーティング剤を残したまま、ライトポリッシュ作業で浅い傷や洗車傷を研磨してから、また再度コーティング剤を施工していくので、メンテナンスの度にコーティング皮膜が厚くなっていくからです。

これも物理的に考えれば当たり前の事なのですが、コーティングメンテナンスで軽く磨いて撥水施工だけで終わらせるのではなく、コーティング剤の増し塗りを行う事で年々コーティング剤の膜厚が増しますので、オススメは5万円〜のミドルメンテナンスプラス以上をオススメ致しております。

a0141327_19390679.jpeg

これからまだ10年間はきれいに走ってくれる雰囲気です(^^)
a0141327_19400108.jpeg

仕上がりに大満足してくれた風の社長さんが新型ジムニー、レストア済みのAE86と510ブルーバードもコーティングに出してくれる事に決まりました(^^)

御用命有難う御座いました(*^_^*)

by kurumano119ban | 2019-02-24 04:03 | ♯札幌 ボディーコーティング

ボディー コーティング ceramic Pro 9H ベンツG63

新型G63 ceramic Pro 9H施工完了しました(^-^)

通常は国産車より塗装の皮膜が硬い為、磨く側は苦戦しますが、うちは輸入車が大得意ですので大歓迎です(^_−)−☆

コーティングでうちの会社を知った人はコーティング屋だと思うみたいですが、板金塗装が本業ですので塗装に関しては色々と経験しておりますので、経験を活かしお客様からご要望の多いボディーコーティングも始めましたm(_ _)m



a0141327_18095148.jpeg

ボディーコーティングと同時に紫外線カット&飛び石や擦り傷対策のヘッドライトプロテクションフィルムの施工もご依頼して頂きました♪(´ε` )

虫の付着や太陽の紫外線での黄ばみ防止にはこれが一番効果あります。今の車はペットボトルと同じ素材のポリカーボネート製ですので虫が付着して擦るとすぐ擦り傷が入ってしまい、悲しい事が起きてしまいます(T-T)

a0141327_18155109.jpeg


車種に合わせて専用データーでフィルムをカットしてから貼り付けるので見た目では分からない程の仕上がりです(^-^)v

a0141327_18312777.jpeg

めくっているのでヘッドライトプロテクションフィルムを貼っている事を確認出来ますが、張り合えると全く分からない仕上がりになります。

a0141327_18331556.jpeg

研磨する前と、鏡面になるまで磨き上げた塗装の膜厚も感覚だけではなく、明確な根拠を得る為に膜厚計測器で測定します。

a0141327_18334293.jpeg

輸入車の塗装の下地からトップコートのクリアーまでの膜厚が車種やメーカーで多少差はありますが大体180〜140ミクロン前後が多いです。このAMG. G63は研磨後でも143ミクロンあります。

国産車は140〜100ミクロンと輸入車に比べて薄く、塗装の皮膜も柔らかいです。


ミクロンと言われてもピンと来ないと思うので、1番分かりやすい目安がコピー用紙1枚の厚さが100ミクロンです。

a0141327_18483338.jpeg

鏡面研磨作業後は脱脂を兼ねて洗車してから、125度以上の温度で1日保管してしっかりと乾燥させます。

コーティング施工で重要な温度管理ですが、気温が低いとコーティング剤の定着が悪くなります。

簡単に説明すると、ウレタン塗料は人間の皮膚と同じだとイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。

気温が低いと塗装が縮まり、暖かいと伸びる。
縮まっている状態では、塗装にコーティング剤が入り込みづらく、暖かいとしっかりと染み込み定着してくれます。

更にceramic Proの場合は専用密着プライマーを使用しますので、他のコーティング剤とは比べ物にならない程持続性があります!


a0141327_19402552.jpeg
プライマーを全体にしっかりと塗り込み、乾燥させてからceramic Pro 9Hを施工します。

鏡状態な程、鏡面です♪(´ε` )

a0141327_19522037.jpeg


a0141327_19540149.jpeg

コーティングを施工したらヒーターを使用して熱かんそうさせます。

ヒーターも遠赤外線ヒーター、近赤外線ヒーター、カーボンヒーターと種類がありますが、僕は個人的にはコーティング剤は塗装と上の表面に皮膜を貼るので、遠赤外線ではなく、近赤外線ヒーターを使用しております。

カーボンヒーターだと発熱が強過ぎるので、近赤外線ヒーターでじっくりと乾燥させてます。
a0141327_19570306.jpeg


ヒーターで乾燥させると、光沢が更に増してテラッテラに輝きを放ちます(^-^)

a0141327_19575537.jpeg

磨きが得意な所は黒い塗装の車を誤魔化しなく仕上げれます。 うちは黒は効果が明確なので大歓迎です♪(´ε` )

ご希望があれば、追加でドア中もコーティング施工します。

a0141327_19595326.jpeg


普段開けないエンジンルームのカバーにも施工しておくと、軽く拭く程度で汚れを除去出来ます。

a0141327_20012237.jpeg

板金塗装、自動車整備、ボディーコーティング、車両販売と拘りをお持ちになるお客様のご要望にお答え出来る様に日々努力しておりますので、ディーラーさんや鏡面研磨しないでコーティング施工されて満足されてない方は大歓迎です^_−☆

a0141327_20014129.jpeg

ご用命ありがとう御座いました^_^

by kurumano119ban | 2019-02-09 18:09 | ボディーコーティング&メンテナンス

フェラーリ488スパイダー Fenix プロテクションフィルム 塗装

今回は北海道初‼️ 塗装するプロテクションフィルム、

Fenix スクラッチガード を塗装施工させて頂きました(^^)

a0141327_11071902.jpeg

従来はボディーに合わせてビニール状のフィルムを貼り付けて、飛び石の飛散からボディーの塗装剥げを防ぐ役割でしたが、ヘッドライトの様な塗装がされてない物でポリカーボネートを傷から守る為であれば効果は抜群ですが、塗装されてる場合はポリカーボネート製のヘッドライトとは少し違います。

こちはらヘッドライトにプロテクションフィルムを施工している所です。

a0141327_11102168.jpeg

a0141327_11112048.jpeg


マセラティもヘッドライトプロテクションフィルムの施工依頼が多いですね。

a0141327_11121455.jpeg

a0141327_11124903.jpeg

写真のマセラティ グランツーリスモはフロントバンパーにFenixスクラッチガード塗装、その他の部分のボディーはceramic Pro 9Hを施工して、ヘッドライトにはヘッドライトプロテクションフィルムを施工して飛び石対策をしている車両です(^^)


プロテクションフィルムを貼っていても、飛び石が当たると、プロテクションフィルムを外側から瞬時に叩かれてしまい、塗装がプロテクションフィルムの中で浮いてしまい、一見無事の様に見えますがビニール製のプロテクションフィルムの場合、ビニール素材なので経年劣化で黄ばみや艶が引けてボケてしまったりして貼り直そうとして剥がしたら、飛び石が当たっている部分がフィルムにくっいて剥がれてしまう事が多々あります(T_T)

プロテクションフィルムの厚さの問題もあり、擦り傷には強くても、外部から叩かれた様な飛び石には耐えられる厚みではないんです。

想像して下さい。

時速60km/hで走行中に、小石が前方の車両のタイヤから飛んできたら、人間に当たれば当たり所悪ければ命に関わる程の衝撃です。

これが高速道路だったら?

ガラスが飛び石で割れてしまう事もある程の衝撃です。

プロ野球選手が投げるボールが直撃しているのと変わりません(*_*)

プロテクションフィルムの厚みを増せば良いのかと言いますと、貼るタイプの従来品では厚すぎると3D曲面のボディーにはかなり難しい状態です。

そこで、3D曲面でも厚みを保ちながら、しかも傷が増えたりした場合に研磨作業を行う事で復元出来る事を可能にした物が

塗装するスプレープロテクションフィルム その名もFenixスクラッチガード‼️

国産車の塗装の膜厚は鉄板からトップコートのクリアー塗装までで100ミクロン前後の厚さしかありません。

100ミクロンと言われてもイマイチどのぐらいの厚さなのか分からないと思いますが、大体コピー用紙1枚分の厚みと同じぐらいです。

そう考えると塗装ってペラペラですね。

PPGと言う海外メーカー製の塗料を使用しているフェラーリは通常で大体250ミクロンの厚みがあります。

a0141327_11150204.jpeg

a0141327_11152570.jpeg
厚みがあるから飛び石で塗装が剥げないかと言うとそうではありません。

フェラーリの場合は、トップコートのクリアー塗装がコピー用紙1枚程度と想定すると、ベースの色自体もコピー用紙1枚程度の厚さになります。

合計約コピー用紙2枚分の厚さです。

それだけでは飛び石から守る事が出来ないので、塗装するスプレープロテクションフィルム Fenix スクラッチガードで400ミクロン近く膜厚を保ち、元の塗装のトップコートのクリアー自体も守ります。

塗装するスプレープロテクションフィルムなので、塗装が必要ですが、特殊な材料と塗装方法と知識が必要な為、技能講習を受講してきて最高の状態に仕上げる事が可能となりました(^^)

今回のフェラーリ488スパイダーはメーカーオプションのパールホワイト塗装なので、塗装では最も難しいパールホワイト塗装なので再塗装修理を極力さけて新車の状態を保ち、サーキット走行でも飛び石から最も最適に守る為に施工作業を行います。


本来は剥がして再塗装する為に、従来品のビニールプロテクションフィルムの様に無理やり接着で貼り付けるのではないので、剥がしやすいメリットもありすが、剥がれ易いデメリットもあります。

ただ、剥がれ易い状態は従来品のプロテクションフィルム同様に包み込む状態ではなくて、部品の端ギリギリまでしか施工出来なかった為に、プロテクションフィルムと塗装面の隙間からゴミの混入で剥がれ易くなってしまったり、汚れが目立ってしまったりしてしまいましたが、Fneixは塗装と同じなのでパーツの裏側まで包む感じで塗装する事で剥がれにくい状態を回避する事も可能になります。

今回の車両はサーキット走行後にすぐ剥がす予定なので、包み込まないで塗装しますので、フルマスキングで塗装しました^_−☆

a0141327_02124651.jpeg


貼るプロテクションは面積の狭い所や平面などは良いですが、フェラーリのボンネットの様に曲面が多いとシワが発生してしまい、そのシワを伸ばして貼り付ける為に伸ばした部分は必ず薄くなってしまいます。

それだけではなく、接着面のノリズレが発生したり施工液を強くスキージーと言うヘラで強引に押し出したりしてミミズ状の痕跡が残ってしまったりしてしまいます。

外国人は日本人程クオリティを求めてない?見えてない?ので問題無いとプロテクションフィルムの講習では教えられますが、クオリティの高い日本ではちょっとねぇ(-_-;)

と、思ってしまいます(*_*)

塗装するプロテクションの場合は塗装する人の腕と塗装後の磨きで全てが決まります。

a0141327_02214655.jpeg


塗装なので、気温、湿度などにも十分配慮しながら塗装していきます。

a0141327_02222326.jpeg

厚みも貼るプロテクションフィルムでは非にならない程の膜厚が可能です。

a0141327_02225293.jpeg


膜厚が厚ければ、我々プロから見れば通常の塗料と塗り方では厚塗りしている事がすぐわかってしまいますが、このFenix プロテクションフィルムの場合は企業秘密なので詳しくは公開出来ませんが、見た目ではほとんどわかりませんv(^_^v)♪

a0141327_02505938.jpeg

一通り塗装を終えたので、遠赤外線ヒーターで熱で乾燥させます。

塗装後すぐに急激に熱を当てると、溶剤が急激に揮発してしまい、艶が引けてしまったり、沸騰状態で気泡が出来る原因になるので急激に熱を与えて乾燥させるのではなく、温風で優しく表面乾燥させてある程度表面乾燥してからヒーターで本格的に乾燥させます。

ヘッドライトの樹脂が熱で溶けてしまったり、変形しないように写真の様な専用フィルムを貼ってから熱乾燥させます。

鉄板から温める遠赤外線ヒーターや表面乾燥が早い近赤外線ヒーター、瞬時に表面を温めるカーボンヒーターと乾燥だけでも用途や塗料など、必要に応じて分けて乾燥させてます。

それだけ乾燥はとても重要な作業です。

乾燥を終えたら、今回はノンポリッシュでも良いのですが、鏡面状態にする為に専用のコンパウンド、ポリッシャー、バフを使用して地道に時間を掛けて鏡面磨き作業を行います。

a0141327_01075748.jpeg

磨き終えたら、最後にもう一度念入りに乾燥させて


a0141327_01091158.jpeg


完成です(^-^)/

パールホワイトですが、外で見てもハッキリと分かる光沢が物凄いです!


a0141327_01101269.jpeg

さて、塗装の膜厚を測定してみると、国産車では大体150ミクロン前後、先程の写真でも分かる通りフェラーリでも250ミクロンなので、A4コピー用紙2枚程度ですが、Fenix プロテクションフィルムを塗装したこのフェラーリの膜厚は


a0141327_01105150.jpeg

682ミクロン‼️‼️

コピー用紙約7枚分の厚み‼️


a0141327_01112156.jpeg

それでいて、塗装の肌は厚塗りした感じはプロの我々の視点からでも全く分からないので、膜厚計で測定しない限りパっと見では分からない程自然な仕上がりです(^_-)

a0141327_01115225.jpeg

ご用命ありがとう御座いました^_^

by kurumano119ban | 2018-07-24 04:22 | プロテクションフィルム

ベントレー ベンテイガ ceramic Pro 9H 施工 ボディーコーティング

a0141327_05015973.jpeg

ベントレー ベンテイガ 


ボディーceramic Pro 9H


ウィンドゥ ceramic Pro rain


ホイール ceramic Pro Light


施工完了しました(^-^)


a0141327_05032090.jpeg


ソリッドブラックなので、鏡面に磨き上げてからceramic Pro 9Hを専用プライマーでしっかりと塗装面に吸収させたので、これからの行楽シーズンで虫の付着も簡単に除去出来てキレイに保てます^_−☆


a0141327_05025864.jpeg



メッキグリルにもしっかりと施工したので腐食を防いでメッキ本来の輝きを保ってくれます。


a0141327_05023975.jpeg



御用命ありがとう御座いましたm(_ _)m


by kurumano119ban | 2018-07-14 05:00

マツダ デミオ ceramic Pro 9H フルコース

帯広からお越し頂いたceramic Pro9Hで常連の伊藤さんの買い物車⁉️笑


新車ですが、やはり鏡面に磨き上げると新車で磨いてない車とは比べ物にならない光沢になります(^^)


a0141327_05460154.jpeg




ceramic Pro 9H、ceramic Pro rain を窓ガラス全てに施工。


a0141327_05463844.jpeg


ceramic Pro Light ボディー、ウィンドゥ、ホイール、エンジンルームのフルコール完了致しました(^^)


北海道はエンジンルームにも冬季間走行すると塩カルなどが入り込み腐食してしまうのと、樹脂カバーが白くボケてきてしまうのでエンジンルームにも世界最強のコーティングを施工しておく事で長期間光沢を保持できます。


オプションのフロントスポイラー横にはceramic Proを証明するエンブレムを取り付けさせて頂いきました^_−☆


a0141327_05465828.jpeg


バイクのBMWからハイエースなどこれで伊藤さまからのご入庫が5台目です(*^^*)


a0141327_05472640.jpeg


a0141327_05474780.jpeg


a0141327_05481554.jpeg


いつもご用命ありがとう御座いますm(_ _)m


by kurumano119ban | 2018-07-09 05:44 | ボディーコーティング&メンテナンス

フェラーリ488スパイダー フロントガラスプロテクションフィルム BRAY

新車のフェラーリにフロントガラスプロテクションフィルム BRAYを施工しました(^^)



新車らしくオプションカラーのパールホワイトが輝いてます(^^)

a0141327_17001805.jpeg


フロントガラスに飛び石で傷が入らない様に最先端の二重構造の自動車専用ウィンドィフィルム BRAYを施工しました。
a0141327_16591880.jpeg

1枚50ミクロンのフィルムが2枚重なっているフィルムなので、合計100ミクロンになります。

100ミクロンと言ってもイマイチ良くわからないので軽く説明しますと、コピー用紙1枚が大体100ミクロンぐらいなので、コピー用紙1枚の厚さで衝撃を吸収して飛び石から守ってくれる優れ物です(^^)

a0141327_06033287.jpeg

この状態からフロントガラスの湾曲に合わせて成形してから施工していきます^_−☆

フロントガラスの次は、飛び石被害が多いフロントバンパー、ボンネットにプロテクションフィルムの塗装で保護します。

従来品は自動車専用品でなかったのでワイパーを使用するとワイパー傷が物凄く目立ち、視界不良に近い状態でしたが、このBRAYは表面に鉛筆硬度6Hのハードコートを加工されているのでワイパーを使用しても従来品とは比べ物にならない程視界がクリアです^_−☆

フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティなどスーパーカーメーカーが認定する程の物なので興味があったので早速講習を受講して日本で1番最初に施工店になってきました^_−☆

a0141327_23445845.jpeg

気になる方はお問い合わせ下さい^_^

by kurumano119ban | 2018-07-04 03:52 | ♯札幌輸入車

マセラティ グランツーリスモMCスポーツ ヘッドライトプロテクション

北海道は大自然なので、これからの季節は特に虫の付着が多くなるのでヘッドライトプロテクションフィルムの依頼が増えて来る季節です^_−☆

飛び石でフロントバンパーの塗装が剥げてしまったので、フロントバンパー塗装修理&貼るプロテクションフィルムではなく塗装するプロテクションフィルム フェニックス スクラッチガードの塗装とボディーコーティング ceramic Pro 9H コーティングの施工作業をご依頼頂きましたm(_ _)m

ボディーコーティングも施工しますので、今回はヘッドライトプロテクションフィルムを施工後にもう一度洗車するのでマスキングは行わずに作業して、プロテクションフィルム施工後に再度洗車して施工液を流します。

a0141327_00523925.jpeg

北海道では恐らくこのボディーカラーのグランツーリスモは1台だけではないでしょうか?

限定カラーのキャンディーレッドで物凄い鮮やかです(^-^)
いつもと同じくヘッドライトを十分キレイに洗浄してからヘッドライトプロテクションフィルムを施工します。

a0141327_00550741.jpeg

プロテクションフィルム施工液を抜きながら、少しずつ伸ばしながら貼り付けていきます。

a0141327_00562631.jpeg

貼り終えると、ヘッドライトを手で触らないとフィルムが貼ってあるか分からない程の仕上がりになります。

今回は更にドアのアウターハンドルの内側にも爪で傷が入りやすいので、アウターハンドルの内側にも施工致しました。

a0141327_00580273.jpeg

写真では分かりづらい程、違和感無く仕上がっております。

湾曲しているのでシワが入らない様に工夫しながら貼り付けていきます。

a0141327_00592780.jpeg

これでヘッドライトの飛び石と虫の付着の心配とドアのアウターハンドル内側の傷の心配はなくなりました(^-^)
明日からはタイヤから飛び石でボディーに傷が付かない様に飛び石防止のストーンガードをタイヤハウスに施工してからボディーを鏡面に磨き上げてからceramic Pro 9Hを施工していきます。

御用命ありがとう御座いました😊

by kurumano119ban | 2018-06-06 00:46 | ボディーコーティング&メンテナンス

ポルシェ 718 ヘッドライトプロテクションフィルム施工

ポルシェ718 ボクスターヘッドライトプロテクションフィルム施工の為に銭函からご来店頂きました(^-^)

先ずは洗車して、ホコリなどを全て取り除きます。

ボディーや足廻りも全て洗車するのはヘッドライトプロテクションフィルムを貼る際に細かい砂ホコリやゴミの混入を防ぐ為です。

a0141327_22010297.jpeg

洗車と同時に今回の車両は新車からまだ700kmしか走行していない車両ですが、既に虫が付着している痕跡がある為、虫の油分やタンパク質成分を除去する為に研磨作業も行います。

研磨作業を行なってから洗車して、室内で適温な温度と湿度になる様に調整してからマスキングを行います。


a0141327_00210519.jpeg


ボディーにプロテクションフィルムの施工液が飛散しないようにマスキングしておくと、後からボディーに付着した施工液を拭き取り傷を増やさない為にも重要です。

施工直前は施工液が抜くやすい様に専用クリーナーで念入りにもう一度キレイにしてからプロテクションフィルムを貼り付けていきます。

a0141327_00333517.jpeg

ウィンドウフィルムより分厚く、厚めのビニールみたいなイメージだと分かりやすいかと思います。

a0141327_00353196.jpeg

表面はハードコートに加工されているので、虫が付着しても除去し易く、紫外線でヘッドライトの黄ばみなど変色からも防げます。

ヘッドライトはペットボトルと同じ素材のポリカーボネート製ですので、実は擦り傷が従来のガラスレンズに比べてかなり傷が入りやすい素材になっております。

施工が完了すると実物を直接見てもプロテクションフィルムが貼られているか触らないと分からない程の仕上がりになります(^-^)

a0141327_00412902.jpeg

これで飛び石や虫の付着の心配が無くなり安心して走行出来ます^_−☆

ポルシェは特にレンズが丸いので、施工にはコツが必要ですが様々な車種に施工してますのでポルシェでもお任せ下さい(^-^)

御用命ありがとう御座いましたm(_ _)m

by kurumano119ban | 2018-06-04 02:53 | プロテクションフィルム

マセラティ グランツーリスモMCストラダーレ ヘッドライトプロテクション

北海道も雪が溶けて冬季間活動しなかった車が動き始めるシーズンになりました(^^)

本日は飛び石で傷が入ったり、虫が付着して無理に擦って傷が入ったり、太陽の紫外線で曇ってきたりする悩みを解決してくれるヘッドライトプロテクションフィルムの施工です^_−☆

a0141327_19323137.jpeg

ヘッドライトを交換するとなると、この手の輸入車は目玉が飛び出る様な金額になるので、尚更保護しておきたいパーツです。

まずはヘッドライトを研磨作業を行い、凹凸を無くしてから、プロテクションフィルムの密着を高める為に脱脂を念入りに行います。

それから車種別にヘッドライトの形状に合わせたプロテクションフィルムを貼りつけます。

a0141327_19515983.jpeg

通常はプロテクションフィルム専用?液を使用しますが、僕は少し工夫してキレイにフィルム施工液が抜けやすい様に工夫して使用しております。

a0141327_19532042.jpeg

車種で貼り方も様々なのですが、マセラティやフェラーリは細くて湾曲が多いのですが、今まで何台も施工してきているので、自分なりのコツを活かしながらヘッドライトのフチに合わせて貼り付けていきます。

a0141327_19550908.jpeg


こちらが完成写真です。

a0141327_19560520.jpeg

透明感重視のフィルムで、表面にコーティングされているので虫が付着しても取りやすく、少しぐらいの傷であれば熱湯をかけて表面を温めると自己修復もしてくれる優れ物です(^^)

傷だらけになっても剥がして張り替えれば済むのでこれでヘッドライトの傷や汚れの心配がなくなります。

続いて運転席側も同じく合わせて少しずつフィルム施工液を抜いていきます。

a0141327_20512164.jpeg


a0141327_20520885.jpeg

細くて湾曲しているので、フィルムを縮めながら少しずつ貼り付けていきます。

そして無事に完成v(^_^v)♪

a0141327_20530861.jpeg

光沢もあるので、見た目ではほとんどわかりません(^^)

a0141327_20532812.jpeg

軽トラからフェラーリまで施工出来ます(^_^)

ご不明点はお電話でお問い合わせお願い致します^_^

by kurumano119ban | 2018-04-07 04:22 | プロテクションフィルム
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30