車の119番

car119.exblog.jp ブログトップ

タグ:♯輸入車 札幌 ( 4 ) タグの人気記事

ボディー コーティング ceramic Pro 9H ベンツG63

新型G63 ceramic Pro 9H施工完了しました(^-^)

通常は国産車より塗装の皮膜が硬い為、磨く側は苦戦しますが、うちは輸入車が大得意ですので大歓迎です(^_−)−☆

コーティングでうちの会社を知った人はコーティング屋だと思うみたいですが、板金塗装が本業ですので塗装に関しては色々と経験しておりますので、経験を活かしお客様からご要望の多いボディーコーティングも始めましたm(_ _)m



a0141327_18095148.jpeg

ボディーコーティングと同時に紫外線カット&飛び石や擦り傷対策のヘッドライトプロテクションフィルムの施工もご依頼して頂きました♪(´ε` )

虫の付着や太陽の紫外線での黄ばみ防止にはこれが一番効果あります。今の車はペットボトルと同じ素材のポリカーボネート製ですので虫が付着して擦るとすぐ擦り傷が入ってしまい、悲しい事が起きてしまいます(T-T)

a0141327_18155109.jpeg


車種に合わせて専用データーでフィルムをカットしてから貼り付けるので見た目では分からない程の仕上がりです(^-^)v

a0141327_18312777.jpeg

めくっているのでヘッドライトプロテクションフィルムを貼っている事を確認出来ますが、張り合えると全く分からない仕上がりになります。

a0141327_18331556.jpeg

研磨する前と、鏡面になるまで磨き上げた塗装の膜厚も感覚だけではなく、明確な根拠を得る為に膜厚計測器で測定します。

a0141327_18334293.jpeg

輸入車の塗装の下地からトップコートのクリアーまでの膜厚が車種やメーカーで多少差はありますが大体180〜140ミクロン前後が多いです。このAMG. G63は研磨後でも143ミクロンあります。

国産車は140〜100ミクロンと輸入車に比べて薄く、塗装の皮膜も柔らかいです。


ミクロンと言われてもピンと来ないと思うので、1番分かりやすい目安がコピー用紙1枚の厚さが100ミクロンです。

a0141327_18483338.jpeg

鏡面研磨作業後は脱脂を兼ねて洗車してから、125度以上の温度で1日保管してしっかりと乾燥させます。

コーティング施工で重要な温度管理ですが、気温が低いとコーティング剤の定着が悪くなります。

簡単に説明すると、ウレタン塗料は人間の皮膚と同じだとイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。

気温が低いと塗装が縮まり、暖かいと伸びる。
縮まっている状態では、塗装にコーティング剤が入り込みづらく、暖かいとしっかりと染み込み定着してくれます。

更にceramic Proの場合は専用密着プライマーを使用しますので、他のコーティング剤とは比べ物にならない程持続性があります!


a0141327_19402552.jpeg
プライマーを全体にしっかりと塗り込み、乾燥させてからceramic Pro 9Hを施工します。


a0141327_19183300.jpeg

鏡状態な程、鏡面です♪(´ε` )

a0141327_19522037.jpeg


a0141327_19540149.jpeg

コーティングを施工したらヒーターを使用して熱かんそうさせます。

ヒーターも遠赤外線ヒーター、近赤外線ヒーター、カーボンヒーターと種類がありますが、僕は個人的にはコーティング剤は塗装と上の表面に皮膜を貼るので、遠赤外線ではなく、近赤外線ヒーターを使用しております。

カーボンヒーターだと発熱が強過ぎるので、近赤外線ヒーターでじっくりと乾燥させてます。
a0141327_19570306.jpeg


ヒーターで乾燥させると、光沢が更に増してテラッテラに輝きを放ちます(^-^)

a0141327_19575537.jpeg

磨きが得意な所は黒い塗装の車を誤魔化しなく仕上げれます。 うちは黒は効果が明確なので大歓迎です♪(´ε` )

ご希望があれば、追加でドア中もコーティング施工します。

a0141327_19595326.jpeg


普段開けないエンジンルームのカバーにも施工しておくと、軽く拭く程度で汚れを除去出来ます。

a0141327_20012237.jpeg

板金塗装、自動車整備、ボディーコーティング、車両販売と拘りをお持ちになるお客様のご要望にお答え出来る様に日々努力しておりますので、ディーラーさんや鏡面研磨しないでコーティング施工されて満足されてない方は大歓迎です^_−☆

a0141327_20014129.jpeg

ご用命ありがとう御座いました^_^

by kurumano119ban | 2019-02-09 18:09 | ボディーコーティング&メンテナンス

ベントレー ベンテイガ ceramic Pro 9H 施工 ボディーコーティング

a0141327_05015973.jpeg

ベントレー ベンテイガ 


ボディーceramic Pro 9H


ウィンドゥ ceramic Pro rain


ホイール ceramic Pro Light


施工完了しました(^-^)


a0141327_05032090.jpeg


ソリッドブラックなので、鏡面に磨き上げてからceramic Pro 9Hを専用プライマーでしっかりと塗装面に吸収させたので、これからの行楽シーズンで虫の付着も簡単に除去出来てキレイに保てます^_−☆


a0141327_05025864.jpeg



メッキグリルにもしっかりと施工したので腐食を防いでメッキ本来の輝きを保ってくれます。


a0141327_05023975.jpeg



御用命ありがとう御座いましたm(_ _)m


by kurumano119ban | 2018-07-14 05:00

ポルシェ 718 ヘッドライトプロテクションフィルム施工

ポルシェ718 ボクスターヘッドライトプロテクションフィルム施工の為に銭函からご来店頂きました(^-^)

先ずは洗車して、ホコリなどを全て取り除きます。

ボディーや足廻りも全て洗車するのはヘッドライトプロテクションフィルムを貼る際に細かい砂ホコリやゴミの混入を防ぐ為です。

a0141327_22010297.jpeg

洗車と同時に今回の車両は新車からまだ700kmしか走行していない車両ですが、既に虫が付着している痕跡がある為、虫の油分やタンパク質成分を除去する為に研磨作業も行います。

研磨作業を行なってから洗車して、室内で適温な温度と湿度になる様に調整してからマスキングを行います。


a0141327_00210519.jpeg


ボディーにプロテクションフィルムの施工液が飛散しないようにマスキングしておくと、後からボディーに付着した施工液を拭き取り傷を増やさない為にも重要です。

施工直前は施工液が抜くやすい様に専用クリーナーで念入りにもう一度キレイにしてからプロテクションフィルムを貼り付けていきます。

a0141327_00333517.jpeg

ウィンドウフィルムより分厚く、厚めのビニールみたいなイメージだと分かりやすいかと思います。

a0141327_00353196.jpeg

表面はハードコートに加工されているので、虫が付着しても除去し易く、紫外線でヘッドライトの黄ばみなど変色からも防げます。

ヘッドライトはペットボトルと同じ素材のポリカーボネート製ですので、実は擦り傷が従来のガラスレンズに比べてかなり傷が入りやすい素材になっております。

施工が完了すると実物を直接見てもプロテクションフィルムが貼られているか触らないと分からない程の仕上がりになります(^-^)

a0141327_00412902.jpeg

これで飛び石や虫の付着の心配が無くなり安心して走行出来ます^_−☆

ポルシェは特にレンズが丸いので、施工にはコツが必要ですが様々な車種に施工してますのでポルシェでもお任せ下さい(^-^)

御用命ありがとう御座いましたm(_ _)m

by kurumano119ban | 2018-06-04 02:53 | プロテクションフィルム

マセラティ グランツーリスモMCストラダーレ ヘッドライトプロテクション

北海道も雪が溶けて冬季間活動しなかった車が動き始めるシーズンになりました(^^)

本日は飛び石で傷が入ったり、虫が付着して無理に擦って傷が入ったり、太陽の紫外線で曇ってきたりする悩みを解決してくれるヘッドライトプロテクションフィルムの施工です^_−☆

a0141327_19323137.jpeg

ヘッドライトを交換するとなると、この手の輸入車は目玉が飛び出る様な金額になるので、尚更保護しておきたいパーツです。

まずはヘッドライトを研磨作業を行い、凹凸を無くしてから、プロテクションフィルムの密着を高める為に脱脂を念入りに行います。

それから車種別にヘッドライトの形状に合わせたプロテクションフィルムを貼りつけます。

a0141327_19515983.jpeg

通常はプロテクションフィルム専用?液を使用しますが、僕は少し工夫してキレイにフィルム施工液が抜けやすい様に工夫して使用しております。

a0141327_19532042.jpeg

車種で貼り方も様々なのですが、マセラティやフェラーリは細くて湾曲が多いのですが、今まで何台も施工してきているので、自分なりのコツを活かしながらヘッドライトのフチに合わせて貼り付けていきます。

a0141327_19550908.jpeg


こちらが完成写真です。

a0141327_19560520.jpeg

透明感重視のフィルムで、表面にコーティングされているので虫が付着しても取りやすく、少しぐらいの傷であれば熱湯をかけて表面を温めると自己修復もしてくれる優れ物です(^^)

傷だらけになっても剥がして張り替えれば済むのでこれでヘッドライトの傷や汚れの心配がなくなります。

続いて運転席側も同じく合わせて少しずつフィルム施工液を抜いていきます。

a0141327_20512164.jpeg


a0141327_20520885.jpeg

細くて湾曲しているので、フィルムを縮めながら少しずつ貼り付けていきます。

そして無事に完成v(^_^v)♪

a0141327_20530861.jpeg

光沢もあるので、見た目ではほとんどわかりません(^^)

a0141327_20532812.jpeg

軽トラからフェラーリまで施工出来ます(^_^)

ご不明点はお電話でお問い合わせお願い致します^_^

by kurumano119ban | 2018-04-07 04:22 | プロテクションフィルム
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28